バシリカ法典(読み)ばしりかほうてん(英語表記)Basilica ラテン語

日本大百科全書(ニッポニカ)「バシリカ法典」の解説

バシリカ法典
ばしりかほうてん
Basilica ラテン語

ビザンティン皇帝バシレイオス1世(在位867~886)が古典復古を目ざして編纂(へんさん)し、その子レオン6世(在位886~912)により892年に公布された、全60巻からなる大法典。レオン3世(在位717~741)の法典『エクロガ』Ecloga legumがキリスト教の大きな影響を受けたのに対し、これはユスティニアヌス帝の法典からその後の注釈書を通じて多くの法文を採用し、『勅法彙纂(いさん)』の配列に倣って巻、章が構成されている。しかしこの法典はあまりにも大部なため、実際に適用された痕跡(こんせき)はなく、いくつかの要約書や抜粋書がつくられて、それらが適用されたようである。『バシリカ法典』は後世に大きな影響を与え、法学を隆盛ならしめ、最終的には1345年ごろにハルメノプロスの編纂による『ヘクサビブロス』Hexabiblosを生んだ。これはギリシアで1835年に法典と定められ、1941年民法典の施行まで法律として適用された。

[佐藤篤士]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バシリカ法典」の解説

バシリカ法典
バシリカほうてん
Basilica

ビザンチン皇帝バシリウス1世が計画し,その子レオ6世 (在位 886~912) が完成した 60巻の大法典。内容は,ユスチニアヌス帝の『ローマ法大全』の批判的立場から出発するものの,ここから多くの規定を採用し,ローマ法大全のギリシア語縮小版ともいえる。しかし,ビザンチン帝国におけるユスチニアヌス帝法およびユスチニアヌス帝以後の法を知るうえで,またこれらの実証的研究を知るうえで最も重要な法律学上の記念碑である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「バシリカ法典」の解説

バシリカ法典【バシリカほうてん】

ビザンティン帝国のレオ6世(在位886年―911年)の編纂(へんさん)した60巻からなる法典。ギリシア語でBasilikos nomos。9世紀末に成立。〈ローマ法大全〉をギリシア語に翻訳し,簡潔単純化したもの。後世の東方諸国の法に大きな影響を与えた。特にその便覧であるヘクサビーブロス(Hexabiblos)は,1830年以降のギリシアにおいて,1946年の民法典施行にいたるまで効力を持っていた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「バシリカ法典」の解説

バシリカほうてん【バシリカ法典 Basilikos nomos[ギリシア]】

ビザンティン帝国レオ6世(在位886‐911)により10世紀初頭,ユスティニアヌス1世立法(いわゆる〈ローマ法大全〉)を基礎として制定公布された60巻のギリシア語で書かれた法典で,その呼称はギリシア語で〈王の法〉を意味する。学説彙纂および勅法彙纂の6世紀に成立したギリシア語要約,ならびに新勅法を,場合により修正・加除のうえ,事項ごとに巻・章に分け収録したもので,全体の約3分の2が今日に伝えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android