コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バハマン

百科事典マイペディアの解説

バハマン

オーストリアの女性詩人。〈47年グループ〉に認められた処女詩集《猶予の時》や《大熊座への呼びかけ》で現代人実存に迫る言語表現を開拓。ラジオ・ドラマや短編にも実験的試みを継続。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バハマン【Ingeborg Bachmann】

1926‐73
オーストリアの女流詩人,作家。クラーゲンフルト出身。ウィーン大学等で哲学を専攻,1950年博士号取得。52年に〈47年グループ〉の会合で初めて詩を朗読。ハイデッガーおよびウィトゲンシュタインの影響が強く,既存の言葉ではない新しい言葉の,真の世界を求める彼女の詩は,豊かな文学伝統につながりながらも,すべての価値が失われた時代に直面する人間の心情を歌っていたために,新しい戦後文学の到来という強い印象を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

バハマンの関連キーワードドレスデン絵画館

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android