コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バビッチ Babits Mihály

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バビッチ
Babits Mihály

[生]1883.11.26. セクサールド
[没]1941.8.4. ブダペスト
ハンガリーの詩人小説家評論家。象徴派の詩人として出発,雑誌『西洋』を主宰して芸術派の先頭に立った。ニーチェ,ベルグソンらの影響を受け,主知的な深い思想性が作品にみられる。詩集『叙唱部』 Recitativ (1916) ,『ヨナ書』 Jónás könyve (37~38) ,小説『死の息子たち』 Halál fiai (27) のほか,『ヨーロッパ文学史』 Az európai irodalom története (34) や,ダンテの『神曲』のすぐれた翻訳がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バビッチ

ハンガリーの詩人,小説家。文芸誌《ニュガト西方)》誌に拠って,文壇の中心的な役割を果たした。多彩な文体知識人の孤独を描いた作品《ヨナ書》(1940年)や自伝小説《死の息子たち》(1927年)の他に,ダンテやゲーテの翻訳やヨーロッパ文学史に関する評論がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バビッチ【Babits Mihály】

1883‐1941
ハンガリーの詩人,小説家。文芸詩《ニュガト(西方)》に創刊時からかかわり,アディ没後は編集にも携わり,文壇の指導的役割を果たした。急進的な政治活動に溶けこめない知識人の孤独をモティーフにした作品は,文体の多彩さで定評がある。代表作は《ヨナ書》(1940),自伝的な小説《死の息子たち》(1927)。ほかに《ヨーロッパ文学史》(1934)をはじめとする論文,エッセー,またダンテ,ゲーテなど多数の翻訳がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バビッチ
ばびっち
Babits Mihly
(1883―1941)

ハンガリーの詩人、小説家。同時代の詩人アディの急進的思想に対して芸術のための芸術を主張、特異な詩構成を示し、とくに哲学詩をよくした。アディの死後、文芸雑誌『西洋』を主宰し文壇の中心的存在となった。政治的にも保守主義者であったが、詩人としての鋭い厭戦(えんせん)感覚がとらえた『復活祭以前』(1917)、『ヨナの本』(1940)はともに反戦詩として高く評価されている。ほかに小説『死の息子たち』(1927)や、文学観の集大成である『ヨーロッパ文学史』(1934~35)などがある。[岩崎悦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバビッチの言及

【ハンガリー】より

…【家田 修】。。…

※「バビッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

バビッチの関連キーワードサボー(Szabó Magda)ハンガリー文学11月26日イェーシュ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android