コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バランガイ Barangay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バランガイ
Barangay

スペイン人来航以前のフィリピンにおける基本的な政治・社会組織。その名は昔マレー系民族が南方からフィリピンに移住してくるときに使用した小帆船に由来するといわれる。普通 30~100家族から成るが,2000家族を含む大きなものもある。内部組織は首長一族,貴族,平民,隷属民の4階層に分れるといわれる。バランガイの上にはバリオという行政単位がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バランガイ【barangay】

フィリピン群島がイスラム化,スペイン化を被る以前にこの地域に存在した社会組織。フィリピン群島の南部,スールー諸島やミンダナオ島の一部は,14~16世紀にイスラム化を受け,その過程でスルタン制度の部族国家が成立した。またルソン島ビサヤ諸島は16世紀後半にスペインの植民地支配を受け,統一的な政庁統治下に置かれた。しかし,こうしたイスラム化,スペイン化以前のフィリピンには,国家や統一的な政治支配はみられず,小規模な一種の首長を中心とする社会が散在するのみであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バランガイ
ばらんがい
barangay

先スペイン期のフィリピンの社会組織。フィリピン諸島の南部、スル諸島やミンダナオ島の一部では、14世紀から16世紀にかけてイスラム教が普及し、16世紀後半にスペインがこの地方に進出してきたときには、スルタン制度に基づく部族国家が成立していた。しかし、ビサヤ諸島やルソン島など、フィリピン諸島のその他の地域では、先スペイン期には国家の成立はみられず、小規模な一種の首長社会が存在するのみであった。この小集団を、フィリピン国語の基礎をなすタガログ語ではバランガイとよんだことから、今日ではこのことばが、その他の言語地域についても、同種の小集団をよぶ歴史学上の用語になっている。
 バランガイの規模は通常は30戸から100戸程度の単位家族で構成され、ダトあるいはマギノオなどとよばれる首長によって統率されていた。しかし、この首長はけっして専制的な支配者ではなく、あくまでも集団の取りまとめ役にすぎなかった。首長の下にはバランガイの中核的構成員である自由民ティマガと2種の従属階層が存在したが、これらの階層は永久的な身分ではなく、負債や罰金刑を契機とする階層の転落や、反対に贖(あがな)い金による階層の上昇など流動性が高かった。[池端雪浦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバランガイの言及

【バリオ】より

…フィリピンにおける地方行政末端組織としての村落,つまり行政村のこと。1972年からバランガイbarangayと改称されている。スペインが16世紀後半にフィリピンの植民地支配を開始した当時,フィリピン群島住民のあいだにはバランガイと呼ばれる村落共同体がみられた。…

【バリオ】より

…フィリピンにおける地方行政末端組織としての村落,つまり行政村のこと。1972年からバランガイbarangayと改称されている。スペインが16世紀後半にフィリピンの植民地支配を開始した当時,フィリピン群島住民のあいだにはバランガイと呼ばれる村落共同体がみられた。…

【フィリピン】より

…教育を大衆化し,質的に向上させるためには,教育用語問題の解決が最大の課題である。
【歴史】

[バランガイ社会]
 フィリピンの歴史が,文献史料に基づいて本格的に明らかになるのは,16世紀後半,この地域がスペインの植民地支配下に置かれて以後のことである。それ以前の時代については,中国の史書に断片的な記録が残されているだけで詳しいことはわからない。…

※「バランガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バランガイの関連キーワードラジャ・ソリマンプリンシパリーアフィリピン群島フィリピン舞踊フィリピン史

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android