バリン(英語表記)valine

翻訳|valine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリン
valine

α-アミノイソ吉草酸のこと。化学式 (CH3)2CHCH(NH2)COOH ,略号 Val。 (1) L体 蛋白質の成分として広く存在する不可欠アミノ酸の一つ。板状晶。融点 315℃。 (2) D体 天然にはごくまれに存在する。 (3) DL体 合成によってつくられる光学不活性体。 DL体のラセミ分割によりL体を分離する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

バリン【valine】

必須アミノ酸のひとつ。広くたんぱく質に存在し、特に植物性たんぱく質に多量に含まれる。イソロイシンロイシン同様、分岐鎖と呼ばれる構造上の類似点をもつ分岐鎖アミノ酸BCAA)に分類される。成長に深く関与し、血液中の窒素の濃度を調整する作用があるほか、筋肉強化、脳・筋におけるアンモニア代謝改善作用などに効果があるとされる。不足することはないが、過剰摂取した場合その他のアミノ酸とのバランスを崩し、免疫機能の低下を招く。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

バリン【valine】

必須アミノ酸の一。多くのタンパク質に含まれるがその含量は多くない。アマの種子中に最も多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バリン
ばりん
valine

α(アルファ)-アミノ酸の一つ。略号はValまたはV。1906年フィッシャーE. Fischerが構造を決めた。α-アミノイソバレリアン酸(吉草酸(きっそうさん))α-Aminoisovaleriansureであるところから命名された。L-バリンはタンパク質を構成するアミノ酸の一つで、多くのタンパク質中に少量ずつ含まれ、もやしには遊離状で存在する。D-バリンは抗生物質バリノマイシンの構成アミノ酸として含まれる。細菌ではα-ケトイソバレリアン酸と分岐鎖アミノ酸アミノトランスフェラーゼ(トランスアミナーゼ)によって相互変換する。分子量117.15。水に溶けやすく、冷たいアルコールには溶けない。[降旗千恵]

栄養

タンパク質構成アミノ酸の一つ。栄養上、必須(ひっす)アミノ酸の一種であるが、食品中に広く分布するため、欠乏することはない。バリンはその脱アミノ化合物であるα-ケトイソ吉草酸からできる。α-ケトイソ吉草酸はロイシンやパントテン酸のパント酸部分の前駆体でもある。天然のL-バリンは甘味以外に苦味があるが、合成のD-バリンは甘味が強い。バリンはロイシン、イソロイシンとともに化学構造から分枝アミノ酸とよばれる。[宮崎基嘉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

バリン

〘名〙 (valine) 必須アミノ酸の一つ。分子式 C5H11O2N 白色板状結晶。特に繊維性蛋白質に広く存在する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バリンの関連情報