バルコニー(英語表記)balcony

翻訳|balcony

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルコニー
balcony

建築用語。建物の本体から外に張出した屋根のない欄干で囲まれた部分。ルネサンス後期,一般にフレンチ・ウィンドーと呼ばれる床まで開く長い窓が流行し,その外側に安全のために手すりを設けたことから発達した。劇場の2階以上の席も意味するようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バルコニー(balcony)

洋風建築で、階上の室外に張り出した手すり付きの所。露台。バルコン。
劇場の2階席。桟敷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バルコニー

露台ともいう。建物の階上から外に張り出した,はね出しの縁で,通常手摺(てすり)・高欄(こうらん)・胸壁で囲み,片持梁で支える。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

不動産用語辞典の解説

バルコニー

建物の壁面から突き出した床の部分を「バルコニー」といいます。ベランダともいいます。
バルコニー・ベランダは、マンションの場合、共用部分とみなされるので、各住戸の専有面積に算入されません。また、緊急時には避難通路となりますので、避難の支障となる物品を置いたり、避難の邪魔になるような使い方をしたりすることはできません。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バルコニー【balcony】

建物の内外を問わず,地表より高い位置で,多くは建物本体から張り出し,手すりを巡らせた台床で,上階開口部から出入りする。露台ともいう。または劇場の桟敷席,階上席も,こう呼ぶ。ギャラリーベランダポーチロッジア等としばしば混同され,形態上これらを厳密に区分するのは困難である。しいて言えば,バルコニーは比較的小規模で上部に屋根等の掩蓋(えんがい)がなく,それが付随している空間から他の空間領域の中へ,はみ出た部分として扱われることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

バルコニー【balcony】

建物の外側に張り出し、手すりで囲まれているところ。一般に2階以上に取り付けたものをいい、1階のものはテラスということが多い。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルコニー
ばるこにー
balcony

建物の二階以上の壁から室外へ持ち出してつくった、屋根のない手すり付きの台。劇場などの、メインフロアより高く壁から前方に突出している座席や、舞台装置のうちで手すりのついた高台をさすこともある。住宅建築のバルコニーは、壁の割合に窓の小さな南ヨーロッパや西南アジアで多く用いられている。きつい太陽光線を遮るために厚くて広い壁面に囲まれた住宅にあって、窓は唯一の自然と接する部分であることから、人々は窓に大きな関心を寄せ、花や巧みに細工されたグリル(格子)などで飾り付けを行う。バルコニーもこの窓の変形とみることができる。西ヨーロッパでは、バルコニーというと、長さの比較的短いものをいい、長くて、鉄筋コンクリートのものはテラスとよんで区別している。日本でも近年アパート、マンション生活が普及するにしたがい、上階では自然や大地と切り離されているため、バルコニーに花や緑を飾ることがしだいに行われるようになってきた。[中村 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバルコニーの言及

【中二階】より

…近代初期のデパート建築では,一階の天井高をとくに高くとり,周辺に中二階を設けることがしばしば行われている。劇場建築のバルコニーは,中二階を座席スペースとして利用したものである。【桐敷 真次郎】。…

※「バルコニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バルコニーの関連情報