コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バージン諸島 バージンしょとう Virgin Islands

翻訳|Virgin Islands

3件 の用語解説(バージン諸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バージン諸島
バージンしょとう
Virgin Islands

西インド諸島東部,小アンティル諸島北端部の島群。プエルトリコの東からアネガダ海峡まで約 100kmにわたって連なる約 100の島や岩礁からなる。陸地面積約 505km2。地質学的にはプエルトリコのセントラル山脈の延長上にあり,大アンティル諸島の東端にあたるが,大きさや地理的距離の近さなどから通常小アンティル諸島に含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バージン‐しょとう〔‐シヨタウ〕【バージン諸島】

Virgin》西インド諸島東部、小アンティル諸島北部にある島々。西半部は米国領(人口11万)、東半部は英国領(人口2.3万)。観光地。(人口はともに2006年)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バージン諸島
ばーじんしょとう
Virgin Islands

西インド諸島東部、プエルト・リコの東方にある100余の小島群。西半部はセント・トーマスセント・ジョンセント・クロイの3島を中心とするアメリカ領で、面積342平方キロメートル、人口10万8612(2000)。東半部はトルトラ、バージン・ゴルダ、アネガタ島を中心とするイギリス領で、面積153平方キロメートル、人口2万1300(2002推計)。小アンティル諸島の西端部を構成しているが、地質的にはプエルト・リコや大アンティル諸島の島々と関連があり、島々は火山性で、その上部を石灰岩が覆っている。気候は熱帯性であるが、北東貿易風の影響で少し気温が和らげられ、適度の降雨もある。年中快適な気候と風景美が多数の観光客を誘引し、観光産業が重要な収入源となっている。セント・ジョン島の大部分は合衆国のバージン・アイランズ国立公園に含まれる。住民の多くは黒人である。1493年コロンブスが到達。アメリカ領バージン諸島1917年までデンマーク領であった。イギリス領バージン諸島は1666年からイギリス領である。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バージン諸島の関連キーワード小アンティル諸島大アンティル諸島西インド諸島アンティル[諸島]ウィンドワード[諸島]小アンティル[諸島]大アンティル[諸島]西インド[諸島]バージン[諸島]リーワード[諸島]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バージン諸島の関連情報