パイク(読み)ぱいく(英語表記)Kenneth Lee Pike

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パイク(Kenneth Lee Pike)
ぱいく
Kenneth Lee Pike
(1912―2000)

アメリカの言語学者。1933年ゴードン・カレッジで神学士、42年ミシガン大学で言語学博士の学位を取得、55~79年ミシガン大学で言語学教授を務めた。
 パイクは、中南米、アジア、アフリカ各地の、文字をもたない言語を使用する人々へのキリスト教布教を目的とする「ウィクリフ聖書翻訳協会」の活動に古くから貢献し、豊富な現地調査の経験を通して、タグミーミックスtagmemicsとよばれる独自の言語理論を築き上げた。すなわち、言語を人間の他の活動(思考、スポーツ、儀式行動など)と同一の基本的構造をもつものとみなし、言語を含む人間の諸活動は、共通の基本的方法論・術語によって分析されるべきであるとする。主著は『Language in relation to a unified theory of the structure of human behavior』(「人間の行動構造に関する統一的理論との関連における言語」1967年第2版、邦訳未刊)。またタグミーミックスを理論と実践の両面にわたって平易に説いた書として、妻イーブリンEvelynとの共著『Text and Tagmeme』(「テクストとタグミーム」1983年、邦訳未刊)がある。[今井邦彦]
『ケネス・L・パイク著、谷口伊兵衛訳『英語学の基本概念――タグミーミックス入門』(1997・而立書房) ▽ケネス・パイク他著、片田房編訳『文化の文法――40の行動原理』(2000・彩流社) ▽Language in Relation to a Unified Theory of the Structure of Human Behavior(1978, Mouton De Gruyter) ▽Text and Tagmeme(1983, F Pinter)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パイクの関連情報