コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パスツール研究所 パスツールけんきゅうじょ Institut Pasteur

5件 の用語解説(パスツール研究所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パスツール研究所
パスツールけんきゅうじょ
Institut Pasteur

L.パスツール狂犬病ワクチンの製造に成功したのに伴い,これを記念して国際的に寄金を集め,1888年にパリに建てられた研究所微生物学,血清学,生物化学などの分野の研究者を集めた世界で最も権威のある研究所の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

パスツール研究所

微生物学者のルイ・パスツールの提唱によって1887年に設立された民間の研究機関。ノーベル賞受賞者8人が輩出した。最近ではB型肝炎ワクチンの開発やエイズウイルスの発見などが知られる。研究拠点は世界5大陸に及ぶ。日本に拠点はないが、NPO法人日本パスツール協会が研究交流やPRを進めている。

(2006-01-06 朝日新聞 夕刊 科学1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パスツール‐けんきゅうじょ〔‐ケンキウジヨ〕【パスツール研究所】

パスツールによる狂犬病予防法の確立を記念して、1888年フランスのパリに設立された研究所。初代所長はパスツール。微生物血清療法などの研究施設のほか医学校や病院も併設。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パスツールけんきゅうじょ【パスツール研究所 L’Institut Pasteur】

L.パスツールの業績を記念して1888年パリに設立された医学研究所。設立にあたってはフランス内外から多くの寄付金が寄せられた。また11月14日の開所式にはフランス大統領が列席するなど,この研究所は当初からフランスにおける伝染病の研究・治療の中心としての役割が期待された。そのため,この研究所には,所長のパスツール以下,彼の弟子たちを中心に優秀なスタッフが集められた。彼らは狂犬病など伝染病の予防と治療にあたるほか,生物化学や細菌学など基礎的研究に取り組んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パスツール研究所
ぱすつーるけんきゅうじょ
Institut Pasteur

パスツールによる狂犬病予防方法の確立を記念し、1888年11月、世界からの醵金(きょきん)によってパリに建てられた科学研究所。パスツールは設立以来、死去の年(1895)まで所長を務めた。創設時の建物は現在パスツール博物館となっており、彼が使用した顕微鏡はじめ各種実験器具類が完全に保存されているほか、自然発生説否定のために創案した「ハクチョウの首型フラスコ」や、研究発表のための乳酸菌・酵母などの微生物形態図、カイコの図なども保存されている。
 パスツール研究所を名のる研究所は世界各地にあるが、パリのパスツール研究所とネットワークを形成しているのは30の研究所で、科学的研究、公衆衛生、教育という共通の使用、共通の理念、共通の価値観で結び付いている。アルジェリア、中央アフリカ共和国、カメルーン、セネガル、モロッコ、アメリカ、カナダ、ウルグアイ、カンボジア、中国、韓国、イラン、ルーマニア、ギリシア、イタリア、ロシア、ブルガリア、ニュー・カレドニアなどにある。
 パスツール研究所には、微生物研究、血液療法研究、生物化学研究などの研究部門のほか、医学者養成の施設、臨床治療のための病院などがある。創立以来、約100年間に数々の優れた研究を行い、優れた研究者を輩出してきた。パスツールの直弟子シャンベランCharles Chambeland(1851―1908)は狂犬病ワクチン開発協力者で濾過(ろか)器の創案者、同じく協力者のP・ルーはエルサンと1888年にジフテリア毒素を発見、第2代所長メチニコフは白血球の食作用現象を発見、細胞性免疫理論の原点を確立した。エルサンは1894年に香港(ホンコン)において北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)とは独立にペスト菌を発見、学名にその名を残した。ボルデは1896年から1899年の間に補体を発見、免疫学的溶血現象の機序を解明、のちに補体結合反応術式を創案し免疫血清学発展の契機をつくった。彼はブリュッセルのパスツール研究所を開設し、1906年にはジェヌOctave Gengou(1875―1957)と共同で百日咳(ぜき)菌を発見した。1909年C・ニコルはチュニスのパスツール研究所でシラミによる発疹(はっしん)チフス伝播(でんぱ)を証明、1917年デレルFelix D'Herelle(1873―1949)はバクテリオファージを発見、1921年カルメットとゲランCamille Gurin(1872―1961)はBCG接種を開始、1922年から1926年の間にラモンGaston Ramon(1886―1963)はフロッキュレーション法を開発してジフテリア毒素と抗毒素の試験管内定量に成功、またホルマリンによる不活化ジフテリア毒素アナトキシンによる人の免疫法の開発も行った。そのほか、モノーの酵素的適応と酵素の誘導的生合成の機序の研究、ルウォフの紫外線による溶原菌とプロファージ概念の発表、レビンの不活化ポリオワクチンの開発、ウダンガのゲル内拡散法の開発と免疫グロブリンの免疫化学的分析、モノーとジャコブのタンパク生合成の機構および酵素生合成とその活性の調節についての研究などがある。[藤野恒三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パスツール研究所の関連キーワードパスツールパスツール効果アルボアツープラスツーローズ記念碑RS2クレパスマスターツールキットフットスツールパスツーリゼーションパスツールワクチン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パスツール研究所の関連情報