コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パナイティオス パナイティオス Panaitios

4件 の用語解説(パナイティオスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パナイティオス
パナイティオス
Panaitios

[生]前185頃.ロードス
[没]前109頃.アテネ
中期ストア派の哲学者。セレウケイアディオゲネスの弟子。ローマに出てラエリウス小スキピオらと交わりローマにおけるストア哲学の基礎となった。のちアンティパトロスを継いでストア派の学頭。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パナイティオス

古代ギリシアの哲学者。ストア学派中興の祖。ロドス島出身。ローマの政治家小スキピオの庇護を得,またアテナイの学園を主宰してストアの教説を広めた。
→関連項目ストア学派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パナイティオス【Panaitios】

前180ころ‐前109ころ
ロドス島出身のギリシア哲学者。ローマの政治家小スキピオの後援を得てストア哲学をローマに広めた。その後,アテナイに帰って,ストア学派の学頭となり,中期ストア再興の祖となった。ストア学派が理論的探求から実践的活動に重きを置きはじめたのは,彼からである。摂理を信じ,神的理性にのっとって,動揺することなく人生に対処する〈ストイック〉な生き方を説き,キケロなどローマの知識人に多大の影響を与えた。【大沼 忠弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パナイティオス
ぱないてぃおす
Panaitios
(前185ころ―前109)

古代ギリシアのストア派の哲学者。ロードス島に生まれ、アテネとローマで教えた。プラトンアリストテレスの思想に傾倒して初期ストア派の教説を大改定し、折衷的な中期ストア派をおこした。ローマの貴族たちと交わり、彼らにストア思想を植え付けた功績が大きい。そしてここでも伝統的ストアの不受動(アパテイア)の徳にかえて、彼ら政治家や軍人にふさわしい能動的な徳(高邁(こうまい)や仁慈の徳)を説くことになった。[田中享英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パナイティオスの関連キーワードエピクテトスキケロギリシア哲学ストラボンロドス島ギリシャ哲学テネドス島アラドス島コロッソス・オブ・ロードス青木巌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone