コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パナイ島 パナイとうPanay Island

3件 の用語解説(パナイ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パナイ島
パナイとう
Panay Island

フィリピン,ビサヤ諸島西部にある島。シブヤン海ビサヤン海,スル海に囲まれる。面積1万 1515km2。西部は標高 1000~2000mの山脈が南北方向に走り,東部に丘陵群がある。中央部には北流するパナイ川,南流するハラウド川,ハロ川などの肥沃な沖積平野が開け,米とサトウキビを多産。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パナイ‐とう〔‐タウ〕【パナイ島】

Panay Island》フィリピン中央部、ビサヤ諸島最西端の島。西部は山がちで東部には平野が広がる。米、ココヤシトウモロコシなどを産する。主な都市は南東岸のイロイロ。北端沖のボラカイ島は海岸保養地として有名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パナイ島
ぱないとう
Panay

フィリピン中央部、ビサヤ諸島最西端の島。面積1万1515平方キロメートル、人口321万6282(1995)。ほぼ正三角形をなし、西岸に沿って高い山地が南北に走る(最高峰はマディアック山、2181メートル)。中央部にパナイ川、ハラウル川が流れ、ハラウル川下流には肥沃(ひよく)なイロイロ平野が開ける。行政上はアンティクエ、カピス、イロイロ、アクランの4州に分かれる。中心都市はイロイロ(人口36万5820、2000)。セブ島と並んでビサヤ諸島ではよく開けた島で、米、トウモロコシ、ココヤシなどが栽培される。住民はビサヤ人が主であるが、北岸の一部にはタガログ人も混じる。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パナイ島の関連情報