コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パナイ島 パナイとうPanay Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パナイ島
パナイとう
Panay Island

フィリピン,ビサヤ諸島西部にある島。シブヤン海,ビサヤン海,スル海に囲まれる。面積1万 1515km2。西部は標高 1000~2000mの山脈が南北方向に走り,東部に丘陵群がある。中央部には北流するパナイ川,南流するハラウド川,ハロ川などの肥沃な沖積平野が開け,米とサトウキビを多産。ココヤシ,マニラアサ,バナナなども栽培する。漁業も重要で,北岸と東岸では魚の養殖も盛ん。住民はヒリガイノン語を用いる。行政的には周辺にある 407の小島とともにアンティケ,カピス,アクラン,イロイロの4州に分れる。主要港は南東岸のイロイロで,北岸のロハスと鉄道で結ばれる。州合計面積1万 2297km2。同人口 259万 5314 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パナイ‐とう〔‐タウ〕【パナイ島】

Panay Island》フィリピン中央部、ビサヤ諸島最西端の島。西部は山がちで東部には平野が広がる。米、ココヤシ、トウモロコシなどを産する。主な都市は南東岸のイロイロ。北端沖のボラカイ島は海岸保養地として有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パナイ島
ぱないとう
Panay

フィリピン中央部、ビサヤ諸島最西端の島。面積1万1515平方キロメートル、人口321万6282(1995)。ほぼ正三角形をなし、西岸に沿って高い山地が南北に走る(最高峰はマディアック山、2181メートル)。中央部にパナイ川、ハラウル川が流れ、ハラウル川下流には肥沃(ひよく)なイロイロ平野が開ける。行政上はアンティクエ、カピス、イロイロ、アクランの4州に分かれる。中心都市はイロイロ(人口36万5820、2000)。セブ島と並んでビサヤ諸島ではよく開けた島で、米、トウモロコシ、ココヤシなどが栽培される。住民はビサヤ人が主であるが、北岸の一部にはタガログ人も混じる。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

パナイ島の関連キーワードバロック様式聖堂群[フィリピン]サントトマスデビリャヌエバ教会フィリピンのバロック様式教会群ネグロスオクシデンタル州サンホセデブエナビスタビサヤ[諸島]ネグロス[島]ロンブロン州アンティケ州ハロ大聖堂イロイロ州アクラン州マニラアササトウキビフィリピンギマラス島ビサヤ族沖積平野バコロドカピス州

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パナイ島の関連情報