コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パン・アフリカニズム Pan‐Africanism

世界大百科事典 第2版の解説

パン・アフリカニズム【Pan‐Africanism】

パン・アフリカニズムとは,19世紀末にアメリカ合衆国やカリブ海地域のアフリカ系知識人によって生み出され,第2次世界大戦前は主として欧米各地を舞台に,戦後はアフリカ・ナショナリズムと結合して,おもにアフリカを舞台として,成長,発展した〈アフリカ人,アフリカ系人の主体性の回復およびアフリカの歴史的復権,独立と統一〉を目ざすイデオロギー運動である。 その前半期すなわち第2次世界大戦以前の時期には,運動はパン・アフリカ会議を主軸として展開された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のパン・アフリカニズムの言及

【アフリカ】より

…アフリカのナショナリズム運動が,いずれの国の植民地であるかにかかわりなく全大陸的規模で高揚し,独立をめざして本格的に植民地主義と対決するようになるのは,第2次世界大戦後であった。 ナショナリズム運動とならんで,アフリカの解放に大きな役割を果たしたものにパン・アフリカニズム運動がある。19世紀末期のアメリカ合衆国および西インド諸島のアフリカ系人のあいだに生まれたパン・アフリカニズム志向は,1900年にシルベスター・ウィリアムズによってロンドンで開かれたパン・アフリカ会議を機にはっきりした一個の運動へと発展した。…

※「パン・アフリカニズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パン・アフリカニズムの関連キーワードサリム・アハメド サリムパン・アフリカニズムダルエス・サラームアフリカ統一機構G. パドモアエーブラハムズエクエンシーアフリカ映画デュ・ボイスカリブ文学タンザニアエンクルマパドモアオカイ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android