コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーペン Papen, Franz von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーペン
Papen, Franz von

[生]1879.10.29. ウェストファーレン,ウェルル
[没]1969.5.2. バーデン,オーバーザスバハ
ドイツの政治家,外交官。軍人出身。第1次世界大戦中,1915年までアメリカ大使館付き武官。大戦終結時はトルコ第4軍参謀長。戦後政界に入り,21~32年プロシア州議会議員,中央党極右派に所属。 32年6月首相,同7月にはプロシアの社会民主党政権を解体,みずからプロシア総督を兼任。 12月国防相 K.シュライヒャーの圧力で辞職を余儀なくされてナチスと接近,33年1月 A.ヒトラー内閣を成立させ副首相となった。 34年オーストリア駐在大使に転出,独墺合併 (アンシュルス ) に努力。 39年トルコ駐在大使となって第2次世界大戦中,その中立化に努力した。 46年 10月のニュルンベルク裁判 (→国際軍事裁判 ) では無罪となったが,47年2月の非ナチ化裁判で8年の労働刑を宣告され,抗告の結果,49年釈放。『回想録』 Der Wahrheit eine Gasse (1952) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

パーペン

ドイツの政治家。軍人出身で第1次大戦後中央党最右翼に属した。1932年首相。のちヒトラー政権実現に尽力,その下で副首相,外交官となりオーストリア併合を進めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パーペン【Franz von Papen】

1879‐1969
ドイツの政治家。中央党に所属。ブリューニング失脚後,中央党の反対を無視して後継首相に就任した(1932年6~11月)。中央党を含む議会の圧倒的多数から攻撃され,大統領非常大権をよりどころに憲法改正を企て失敗した。ヒトラー内閣の成立に参画し副首相として入閣。1934年マールブルク大学でナチス批判演説を行ったが,レーム事件以後はオーストリア大使などに就任し再び協力した。【室

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パーペン
ぱーぺん
Franz von Papen
(1879―1969)

ドイツの政治家。第一次世界大戦終了までは軍人。1921~1932年中央党のプロイセン州議会議員。1932年首相に任命されるとプロイセン州の社会民主党ブラウン内閣を解散させ、自ら州総督を兼任した(パーペン・クーデター)。同年11月の総選挙では党が過半数をとれず、大統領側近シュライヒャー将軍の支持も失って失脚。1933年1月ヒトラー内閣の副首相として入閣、1934年6月ナチ党非難の演説を行って6月30日の「血の粛清」のリストにあげられたが、間一髪で難を逃れた。その後ウィーン公使(のち大使)として1938年3月の独墺(どくおう)合併の実現に奔走した。戦後ニュルンベルク裁判に付されたが無罪の判決。[藤村瞬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のパーペンの言及

【ワイマール共和国】より

…ブリューニングは,31年12月の第4次緊急令を頂点とするデフレ政策によって,恐慌克服と賠償問題の解決をはかったが,かえって恐慌の激化と民衆の過激化を招き,支配層右派の勢力増大の前に32年5月挂冠した。 続くパーペン内閣の下で,すでに30年9月の国会選挙で一大飛躍を遂げていたナチスは,32年7月の国会選挙において断然第一党となり,議会制民主主義と既成ブルジョア政党に絶望した中間層大衆の一大結集点となった。カトリック教徒は中央党への信頼を保持したが,労働者階級は社会民主党と共産党への分裂を深めた。…

※「パーペン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パーペンの関連キーワードシュライヒャー(Kurt von Schleicher)ユング(Edgar Jung)デコレーテッド・スタイルキングズ・カレッジ礼拝堂ウェストミンスター寺院イギリス・ゴシック様式K. シュライヒャーイギリス国会議事堂カンタベリー大聖堂グロスター大聖堂ジャコビアン様式キングスカレッジワイマール共和国チューダー様式ゴシック美術E. ユングゴシック建築ウィンザー城10月29日ペンダント

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android