コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーリ語 パーリご Pāli language

7件 の用語解説(パーリ語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーリ語
パーリご
Pāli language

おもにスリランカミャンマー,タイ,カンボジアなどで信仰されている,いわゆる南方仏教の聖典に用いられている言語。巴利語と音写。インドヨーロッパ語族のインド=アーリア語派に属し,プラークリット語に含められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パーリ‐ご【パーリ語】

《〈梵〉Pāli小乗仏教聖典をつづったインド‐アーリア語プラークリット語の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パーリ語【パーリご】

インド・ヨーロッパ語族のインド語派に属する言語で死語。Pali。中期インド語であるプラークリット語の一つで,南方仏教聖典の用語。アショーカ王石柱サンスクリット劇中の諸方言との比較,釈迦との関係等から,パーリ語は北部インドのマガダ方言,またはウッジャイニー方言に基づくとされる。
→関連項目インド語派シンハラ語タイ語ビルマ語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パーリご【パーリ語 Pali】

小乗仏教経典の言語として多量の文献をもち,中期インド・アーリヤ語,プラークリット語を代表する言語。その歴史は長いが,仏陀の教説を説いた聖典の偈(げ)の中の古層は前3世紀ころまでのものと推定される。ついで聖典の散文,さらにはその注釈が後5~6世紀以後にまで及び,その後も今日までスリランカ(セイロン島)を中心として新しい文献が残されている。 パーリ語は小乗経典のための文語だが,本来インドのどこの方言であったかについては大いに論議があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

パーリご【パーリ語】

セイロン・東南アジアの小乗仏教聖典に用いられた古代インドの言語。インド-ヨーロッパ語族のインド語派に属するプラークリット諸語の一種で、起源は紀元前三世紀以前にさかのぼる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の主要言語がわかる事典の解説

パーリご【パーリ語】

インドヨーロッパ語族インド語派に属する言語。パーリは「聖典」を意味する。もともと、サンスクリットに対してプラークリットと総称される俗語の一つで、地域的にはインド西部で話されていた方言とされる。初期仏教の時代から数百年にわたってブッダ(仏陀)の教説や仏教の思想を聖典として集大成するさいに、文章語としてこの言語が用いられ、膨大な文献が残された。サンスクリットに比べて、名詞では格の融合が進み、動詞では過去時制の差別が消えつつあるなど、文法的に単純化の傾向がある。パーリ語の聖典はその後、小乗仏教(上座部)の一部派である南方上座部とともにスリランカに伝わり、現在もスリランカ、ミャンマー、タイなどの南方仏教で経典語として使われている。◇英語でPali。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パーリ語
ぱーりご
Pli

古代インドの言語原始仏教聖典ならびにスリランカ、ミャンマー(ビルマ)、タイなど東南アジアの南方小乗仏教圏においては現在なお聖典語としての権威を保っている。元来「聖典本文」を意味し、注釈書に対蹠(たいせき)される概念であったが、「聖典本文の言語」の義に転化して用いられるようになった。ここに「聖典」とは、もとより原始仏教の聖典をさす。
 古代インドの雅語、教養語であったサンスクリット語に対しては、俗語、方言であるプラークリット語の一環で、前者に比して音韻論的にも形態論的にも単純化の傾向を示しているが、多種多様の要素が混在していて、その基体をなした言語を特定することはむずかしい。アショカ王碑文にみえる紀元前3世紀の方言分布に徴すると、それは西部インドの方言にもっとも近いが、東部マガダ語の特徴をも備え、部分的に人為的作為の跡もみえる。前2世紀より紀元後2世紀にかけてかなり広範に北インドに通用していた言語と思われる。
 5世紀以後はインドを出て東南アジアに広がり、仏典を記す文章語となり、仏教の教理、仏教文学にわたる膨大な文献を擁するに至った。[原 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パーリ語の関連キーワードカシミール語ゲール語語派サンスクリット語シンハラ語スカンジナビア諸語インドヨーロッパ語族・インド-ゲルマン語族インドアーリア語インド・イラン語派インド・ヨーロッパ語族

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パーリ語の関連情報