コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒエラルヒー ヒエラルヒー 〈ドイツ〉Hierarchie

4件 の用語解説(ヒエラルヒーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヒエラルヒー(〈ドイツ〉Hierarchie)

上下関係によって、階層的に秩序づけられたピラミッド型の組織の体系。狭義では、カトリック教会教皇を頂点とする聖職者の位階制。広義では、中世の封建社会の身分秩序をさすが、現代では指揮・命令系統によって整序された軍隊や官僚機構についていう。位階制。身分階層制ヒエラルキーハイアラーキー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒエラルヒー

階統制,位階制,階層制などと訳されるドイツ語。ヒエラルキー,ハイアラキーとも。ピラミッド形に上下の従属関係がはっきりと定まっている秩序や組織をいい,カトリック教会聖職位階制ヒエラルキア)から出た概念。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒエラルヒー【Hierarchie[ドイツ]】

一定の価値原理にもとづき,または一定の職能体系のなかで,人びとやこれに準じた対象が上下の序列関係に位置づけられ,ピラミッド型に組織された場合,この組織原理および実際に形成された組織体のことをいう。階統制,位階制,身分階層制などと訳されることが多い。たとえば天国の天使たちの間で序列上の地位が3段階に分かれるように,地上の世界で聖職者たちも,カトリックでは司教・司祭・助祭と,東方正教では主教・司祭・輔祭というように序列上の地位が分かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒエラルヒー
ひえらるひー
Hierarchieドイツ語

上位・下位関係に整序されたピラミッド型の秩序ないしは組織のことをいう。ヒエラルキー、ハイアラーキーhierarchyともいわれ、階統制、位階制、身分階層制などと訳されている。語源はギリシア語で「神聖な支配」を意味しているといわれている。元来は天上界における天使の序列を意味したが、やがて教会における聖職者の序列をいうようになり、さらには中世社会の身分秩序をさすようになっていった。
 これが社会科学上の概念として用いられる場合には、まず初めは、人格的な隷属関係が成立し、しかもそれが同時に価値の序列として表れ正当化されることによって形成された身分階層が、国王―領主―家臣―領民といった固定的rigidな上下関係を構成するようになった身分階層制をさすものとして使用された。しかし、近・現代社会がそれとはまったく対照的な原理に基づいて組織化されていくにつれて、その特有の組織原理をさすものとしてこのヒエラルヒーの概念は用いられるようになったのである。その組織原理を、M・ウェーバーは適切にも「職務のヒエラルヒー」とよんでいる。
 近代的な巨大組織においては、職務が機能的、技術的な観点から固定的に分割・分配されるとともに、指揮・命令系統は下が上に従属するという形で整序され、その結果、その組織はあたかも1個の機械のように能率的に運営されていく。この職務のピラミッド型の体系をウェーバーは「職務のヒエラルヒー」とよんだのであるが、今日ではそうした体系を一般的にヒエラルヒーとよんでいる。もっともこのヒエラルヒーは、機能的・技術的階層化が価値の序列に転化したり、権限が特権化したり、上位者の独断・専制を許したりする弱点を内在しており、その弱点を克服するために、知識・情報社会化に伴ってビューロクラシー(官僚制)からテクノクラシーへの脱皮が叫ばれたのである。
 現代情報社会においては、このヒエラルヒーは新しい情報テクノロジーに支えられたネットワーキングと対比される。[矢澤修次郎]
『M・ウェーバー著、世良晃志郎訳『支配の社会学』全2巻(1960、1962・創文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒエラルヒーの言及

【官僚制】より

…はじめに提示した理解の仕方は,基本的にこのウェーバーの官僚制論に負っているのである。
[ウェーバーの官僚制論と問題点]
 ウェーバーによれば近代官僚制とは,組織に必要な活動が合理的に分業化され,法規の定める権限によってそれを執行する力が与えられること,階統制(ヒエラルヒー)と呼ばれるピラミッド型構成がとられ,これにより上命下服の関係が体系化されること,専門の原則が支配し,職員の採用は専門能力の有無によって決定され,世襲や情実による採用が排除されるとともに,いったん採用された職員はその地位を保障され,昇進制が確立されること,および職務の執行にあたり職員には私情を抑えることが強く求められ,不公平な取扱いが回避されること,などの合理性をもった組織であるとされたのである。 このような編制方法が合理的であるとされるわけは,ウェーバーにより近代官僚制と対置された家産官僚制の特質をみることによって明らかとなるであろう。…

【身分階層制】より

…身分を尺度として人あるいは家の社会的地位を構断的な階層によって区別する社会制度あるいはその組織原理のこと。しばしばヒエラルヒーhierarchieの訳語としても用いられるが,ヒエラルヒーがピラミッド型に組織された人あるいはそれに準じた対象の上下の序列(支配従属)関係の総体を示すのに対して,身分階層制は構断的な層が形成されていることに力点が置かれており,両者はこの点で区別される。 封建社会や第2次大戦前の日本社会では,個人の社会的地位(身分)がその個人の属する家の価値によって決定される場合が多いので,身分階層も家の階層,すなわち家格の横断的階層として理解されることが多い。…

※「ヒエラルヒー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒエラルヒーの関連キーワード傭船契約計数貨幣定期払い定積裁断批評フラクションコレクターオプション(Option)光速度一定の原理排卵数一定の法則面積速度一定の法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒエラルヒーの関連情報