コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒシガニ ヒシガニ Platylambrus validus

3件 の用語解説(ヒシガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒシガニ
ヒシガニ
Platylambrus validus

軟甲綱十脚目ヒシガニ科 Parthenopidae。甲幅 5cm内外。甲はほぼ菱形であるが,水生植物ヒシの実に似ていることが語源とされる。甲面は大小の顆粒で覆われ,正中線の左右に深い縦溝が走る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒシガニ

甲殻類ヒシガニ科のカニ。甲長38mm,甲幅5cmくらい。甲は横に広い菱(ひし)形で,額は狭くとがり甲面には隆起と顆粒(かりゅう)が多い。はさみ脚も突起が多く,強大で長さは甲長の2倍以上。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒシガニ
ひしがに / 菱蟹
[学]Platylambrus varidus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目ヒシガニ科に属するカニ。東京湾からオーストラリアまで分布し、水深20~100メートルの貝殻質の砂泥底にすむ。甲幅5センチメートルのほぼ菱(ひし)形で、胃域、心域、鰓域(さいいき)が深い溝で分けられ、大小のいぼ状顆粒(かりゅう)やくぼみで覆われている。甲の前側縁に八歯、後側縁に二つの突起がある。雌雄ともはさみ脚(あし)が異常に発達し、甲長の4倍以上の長さになる。長節は四角柱状、掌部は三角柱状で、各縁には大小の突起が並んでいる。浅海の岩場には額(がく)部が突出したツノダシヒシガニRhinolambrus longispinisが、サンゴ礁には軽石状のカルイシガニDaldorfia horridaが多く、イセエビ類の刺網によくかかる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒシガニの関連キーワード軟甲類岩蟹蝲蛄菱蟹猿猴蟹扇蟹拳蟹精進蟹柔蟹ヒシガニ(菱蟹)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone