ヒドラ(読み)ひどら(英語表記)hydra

翻訳|hydra

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒドラ(淡水産の小動物)
ひどら
hydra

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱ヒドロイド目ヒドラ科に属する淡水産の小動物。ハイドラともいい、元来ギリシア神話中に現れる怪物の名であるが、この怪物のように再生力が強く、古くから生物学者によって再生現象の研究材料として好んで用いられ、そのためこの動物をヒドラとよぶようになった。
 ヒドラは腔腸動物のポリプ型であり、クラゲ型はない。池、沼、水田、溝などに浮かぶ水草やまた沈んだ枯れ葉や落ち葉などに付着して生活している。体は円筒形で長さ0.5~1.5センチメートルほどで、先端に口が開き、それを環状に取り巻いて5~8本の糸状触手がある。体は一般に淡橙褐色(とうかっしょく)であるが、栄養状態その他でさまざまであり、ミジンコなどを餌(えさ)として取り入れたあとは濃い橙褐色であり、また体内に単細胞藻類が共生する場合は顕著な緑色を示す。体の下部は種々の程度の短い柄部となっており、その基端で草の葉などに付着する。体の組織中には刺胞がみられ、とくに触手に多く、それらは触手上に間隔を置いてこぶ状に群をなしている。これらの刺胞によってミジンコやそのほかの小動物をとらえて餌とする。
 ヒドラは有性生殖も行うが、一般には無性的な出芽が普通である。体側に小さな芽が生じ、それがやがて口や触手を備えるほどに成長すると、親から離れて新しい個体となる。原則として親から離れずにとどまっていて群体をつくるということはない。一方、水温が低くなったりまた栄養が悪くなったりすると、体側に雌あるいは雄の生殖腺(せん)がこぶのようになって1~数個生じ、雌の生殖腺の卵は個の雄個体からの精子によって受精されて受精卵ができる。受精卵は母体上で発生を続け、やがて殻に包まれて母体から離れ、それがのちに孵化(ふか)して小さな新しいヒドラになる。海産の多くの腔腸動物にみられるようなプラヌラ幼生の時期はヒドラにはない。
 ヒドラは世界に広く分布し、代表的なヒドラ属Hydraのほかにクロロヒドラ属Chrolohydra、ペルマトヒドラ属Pelmatohydraなどの属も知られるが、後者の二つはいずれもヒドラ属に含めるべきとの意見が多い。日本からも数種が知られている。[山田真弓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒドラの関連情報