コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒバリ(雲雀) ヒバリ

1件 の用語解説(ヒバリ(雲雀)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒバリ【ヒバリ(雲雀)】

スズメ目ヒバリ科の鳥の1種(イラスト),または同科の鳥の総称。ヒバリAlauda arvensis(英名skylark)は全長約17cm。全体に黄褐色で,頭上,背,胸に暗色の縦斑があり,眉と腹は白っぽいツンドラ地帯を除いた旧北区に広く分布し,日本でも全国の畑地や草地で繁殖している。また,カムチャツカや千島から冬鳥として日本に渡ってくるものも少なくない草の根もとに,枯れ草や細い根を敷いて皿形の巣をつくり,1腹3~5個の卵を産む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒバリ(雲雀)の関連キーワード鳴禽類花鳥告天子猿子知目鳥紅雀岩雲雀木の葉鳥葦切

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone