コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒバリ(雲雀) ヒバリ

1件 の用語解説(ヒバリ(雲雀)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒバリ【ヒバリ(雲雀)】

スズメ目ヒバリ科の鳥の1種(イラスト),または同科の鳥の総称。ヒバリAlauda arvensis(英名skylark)は全長約17cm。全体に黄褐色で,頭上,背,胸に暗色の縦斑があり,眉と腹は白っぽいツンドラ地帯を除いた旧北区に広く分布し,日本でも全国の畑地や草地で繁殖している。また,カムチャツカや千島から冬鳥として日本に渡ってくるものも少なくない草の根もとに,枯れ草や細い根を敷いて皿形の巣をつくり,1腹3~5個の卵を産む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone