コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマヒバリ Eremophila alpestris; shore lark; horned lark

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマヒバリ
Eremophila alpestris; shore lark; horned lark

スズメ目ヒバリ科。全長 16~20cm。夏羽(→羽衣)の雄は頭上に 2本の黒い羽角がある。色彩は亜種により濃淡の違いなどやや変化があるが,背面は灰褐色後方に向かって色が淡くなり,背やに黒い縦斑がある。頭部は後方に長く伸びて先が湾曲する過眼線,頬線,額の後部が黒く,額,眉斑,喉が淡黄色。胸に幅広い黒帯があり,腹面は白い。雌は雄より色が淡く,羽角も小さい。ノルウェーからユーラシア大陸北極圏と,地中海東部から中央アジアロシア南部,モンゴル,チベット,中国北東部,さらに北アメリカで繁殖する。繁殖地は山岳地帯やツンドラ海岸,砂漠などである。ヨーロッパ中部やモロッコカナダ南端部からメキシココロンビアでは留鳥。北部で繁殖する鳥は生息地の南部やシリアなどに渡って越冬する。主食は草の種子や葉だが,昆虫類なども食べる。非繁殖期には海岸などでよく見られ,日本には比較的まれに冬鳥(→渡り鳥)として渡来し,海岸,河口,耕地,荒れた草原などに生息する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマヒバリ
はまひばり / 浜雲雀
horned lark
[学]Eremophila alpestris

鳥綱スズメ目ヒバリ科の鳥。同科ハマヒバリ属2種中の1種。全長約16センチメートル。雄の夏羽は前頭、頬(ほお)、胸の黒色斑(はん)とのどの黄色との対照がきわめて美しく、前頭の黒色斑は眉(び)斑に沿って後方に伸び先端が角(つの)状に反り上がっている。ユーラシア、アフリカ北部、北アメリカ、中央アメリカ、コロンビアなど北半球に広く分布するが、日本にはごくまれな冬鳥として、海岸、荒れ地に渡来するにすぎない。主として昆虫や腹足類、甲殻類をとるが、草本の種子や新芽も食べる。[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハマヒバリの関連キーワード腹足類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android