コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマヒバリ ハマヒバリEremophila alpestris; shore lark; horned lark

2件 の用語解説(ハマヒバリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマヒバリ
ハマヒバリ
Eremophila alpestris; shore lark; horned lark

スズメ目ヒバリ科。全長 16cm。背面は灰褐色で不鮮明な縦斑がある。頭部は,眼先,額,頬,後頭の飾り羽は黒く,額,眉斑,喉は淡黄色。胸に幅広い黒帯があり,それ以下の下面は白い。雌は一般に雄より色が淡い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマヒバリ
はまひばり / 浜雲雀
horned lark
[学]Eremophila alpestris

鳥綱スズメ目ヒバリ科の鳥。同科ハマヒバリ属2種中の1種。全長約16センチメートル。雄の夏羽は前頭、頬(ほお)、胸の黒色斑(はん)とのどの黄色との対照がきわめて美しく、前頭の黒色斑は眉(び)斑に沿って後方に伸び先端が角(つの)状に反り上がっている。ユーラシア、アフリカ北部、北アメリカ、中央アメリカ、コロンビアなど北半球に広く分布するが、日本にはごくまれな冬鳥として、海岸、荒れ地に渡来するにすぎない。主として昆虫や腹足類、甲殻類をとるが、草本の種子や新芽も食べる。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハマヒバリの関連キーワード生痕化石イイズナオイカワキョウジョシギコウライウグイススイジガイ水上スキーダチョウ茶筅髪ノグチゲラ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハマヒバリの関連情報