ヒヨドリジョウゴ

百科事典マイペディアの解説

ヒヨドリジョウゴ

ナス科の多年草。日本全土,東アジアの山野にはえる。新枝はつる状になり他物にからむ。は互生し,卵形下部の葉では2〜3裂する。夏〜秋,葉に対生して花序をつけ,白色の花を開く。花冠は径約1cm,5裂し,裂片はそり返る。果実は球形で径8mm内外,赤熟する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒヨドリジョウゴ【Solanum lyratum Thunb.】

低山地の日当りのよい林縁や疎林下に普通に見られる,ナス科のつる性多年草(イラスト)。和名は赤い果実をヒヨドリが好んで食べるところからきたという。北海道~沖縄,朝鮮,中国,インドシナに広く分布する。茎はまばらに枝分れし,葉柄で他物にからまりながら高さ2~4mほどに及ぶ。腺毛が密にある。葉は薄く卵形で,下部のものは普通2~3対の裂片に裂ける。長さ3~8cm,幅2~4cm。葉縁や葉裏には密に軟毛がある。8~9月に葉と対生の位置に花序をつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒヨドリジョウゴ
ひよどりじょうご / 鵯上戸
[学]Solanum lyratum Thunb.

ナス科の多年生つる草。茎は葉柄で他物に巻き付き、密に腺毛(せんもう)がある。葉は互生し、卵形で軟毛が多く、下方の葉は3~5裂する。8~10月、葉の反対側または節間に花序をつくり、白色花を下向きに開く。花冠は深く5裂し、裂片は反り返る。果実は球形で赤色に熟し、有毒である。海岸から山地の林縁や野原に生え、日本全土、および朝鮮半島、中国、インドシナ、インドに分布する。名は、ヒヨドリが果実を好んで食べることによる。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android