コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒヨドリジョウゴ

3件 の用語解説(ヒヨドリジョウゴの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒヨドリジョウゴ

ナス科の多年草。日本全土,東アジアの山野にはえる。新枝はつる状になり他物にからむ。葉は互生し,卵形,下部の葉では2〜3裂する。夏〜秋,葉に対生して花序をつけ,白色の花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒヨドリジョウゴ【Solanum lyratum Thunb.】

低山地の日当りのよい林縁や疎林下に普通に見られる,ナス科のつる性多年草(イラスト)。和名は赤い果実をヒヨドリが好んで食べるところからきたという。北海道~沖縄,朝鮮,中国,インドシナに広く分布する。茎はまばらに枝分れし,葉柄で他物にからまりながら高さ2~4mほどに及ぶ。腺毛が密にある。葉は薄く卵形で,下部のものは普通2~3対の裂片に裂ける。長さ3~8cm,幅2~4cm。葉縁や葉裏には密に軟毛がある。8~9月に葉と対生の位置に花序をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒヨドリジョウゴ
ひよどりじょうご / 鵯上戸
[学]Solanum lyratum Thunb.

ナス科の多年生つる草。茎は葉柄で他物に巻き付き、密に腺毛(せんもう)がある。葉は互生し、卵形で軟毛が多く、下方の葉は3~5裂する。8~10月、葉の反対側または節間に花序をつくり、白色花を下向きに開く。花冠は深く5裂し、裂片は反り返る。果実は球形で赤色に熟し、有毒である。海岸から山地の林縁や野原に生え、日本全土、および朝鮮半島、中国、インドシナ、インドに分布する。名は、ヒヨドリが果実を好んで食べることによる。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒヨドリジョウゴの関連キーワード白樺梅鉢草疎林竜脳菊赤山蟻大油薄菊薊段戸襤褸菊日当り薬師草

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone