コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラリウス[ポアティエ] Hilarius(Hilary) of Poitiers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラリウス[ポアティエ]
Hilarius(Hilary) of Poitiers

[生]315頃.ポアティエ
[没]367. ポアティエ
ラテン教父。聖人。教会博士。新プラトン主義から改宗。 353年頃生地の司教となり,正統派の先頭に立ってアリウス派と戦い,「西方アタナシウス」と呼ばれた。 356~360年フリュギア流罪中にギリシア教父を研究,『三位一体論』 De trinitateと『教会会議について』 De synodisを著わし,東方と西方の思想的仲介の役を果した。賛美歌作者でもあり,『マタイによる福音書』の注解も行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒラリウス[ポアティエ]の関連キーワードアンタルキダスグラティアヌスディオニュシオス[1世]ディオニュシオス1世ヒラリウス[ポアティエの]ヒラリウスキュリロス[エルサレム]素因数分解鬼岳加圧水型原子炉

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android