コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラリウス[ポアティエ] ヒラリウスポアティエHilarius(Hilary) of Poitiers

1件 の用語解説(ヒラリウス[ポアティエ]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラリウス[ポアティエ]
ヒラリウスポアティエ
Hilarius(Hilary) of Poitiers

[生]315頃.ポアティエ
[没]367. ポアティエ
ラテン教父。聖人。教会博士新プラトン主義から改宗。 353年頃生地の司教となり,正統派の先頭に立ってアリウス派と戦い,「西方のアタナシウス」と呼ばれた。 356~360年フリュギア流罪中にギリシア教父を研究,『三位一体論』 De trinitateと『教会会議について』 De synodisを著わし,東方と西方の思想的仲介の役を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒラリウス[ポアティエ]の関連キーワードアンタルキダスヒラリウス鬼岳米国の貧富の差減少する国の公共事業費信濃川高野川アリストテレスコンスル高島[市]

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone