コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラリー ヒラリー Hillary,Sir Edmund

8件 の用語解説(ヒラリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラリー
ヒラリー
Hillary,Sir Edmund

[生]1919.7.20. オークランド
[没]2008.1.11. オークランド
ニュージーランドの登山家。フルネーム Edmund Percival Hillary。 1953年5月 29日,テンジン・ノルゲイとともにエベレストに初登頂し,はえある世界最高峰登頂者としてイギリス女王からサーの称号を授与された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヒラリー
ヒラリー
Hillery, Patrick J.

[生]1923.5.2. ミルタウンマルベイ
[没]2008.4.12. ダブリン
アイルランドの医師,政治家。フルネーム Patric John Hillery。アイルランド国立大学ダブリン校で科学と医学を学び,医師となった。1951年共和党から下院議員に当選。1959~65年教育大臣,1965~66年通産大臣,1966~69年労働大臣,1969~72年外務大臣

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヒラリー(Edmund Percival Hillary)

[1919~2008]ニュージーランドの登山家。1953年、英国のエベレスト遠征隊に参加し、シェルパのテンジンとともに初登頂に成功した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒラリー

ニュージーランドの登山家。養蜂を業とする。1953年ハントを隊長とする英国の第9次エベレスト遠征隊に加わり,5月29日シェルパのテンジンとエベレスト初登頂に成功。
→関連項目アルパイン・クラブ登山

ヒラリー

米国の政治家。イリノイ州シカゴ出身。2009年1月発足したオバマ政権でオバマ大統領から国務長官に指名され就任(67代)。2013年1月国務長官を退いた。夫は42代大統領ビル・クリントン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒラリー【Edmund Percival Hillary】

1919‐
ニュージーランドの登山家。オークランドに生まれ,養蜂業を営む。第2次大戦中より登山を行い,戦後ヨーロッパヒマラヤで活躍し,1953年イギリスのエベレスト隊に参加。テンジンとともに初登頂者となり,サーの称号を授与された。その後,南極大陸横断やヒマラヤ科学調査隊長となり,63年からネパールで学校建設などに従事する。著書に《ハイ・アドベンチャー》(邦訳名《わがエベレスト》)などがある。【徳久 球雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ヒラリー【Edmund P. Hillary】

1919~2008) ニュージーランドの登山家。1953年イギリスのエベレスト登山隊に参加、テンジンとともにエベレスト初登頂に成功。のちネパール・ヒマラヤで社会事業に貢献。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラリー
ひらりー
Sir Edmund Percival Hillary
(1919―2008)

ニュージーランドの登山家。エベレスト初登頂者、オークランド生まれの養蜂(ようほう)家。第二次世界大戦後ニュージーランドの山からアルプス、ヒマラヤの山々で登山活動を行い、1953年イギリスの第七次エベレスト登山隊に参加、5月29日シェルパのテンジンとともに初登頂を果たし、サーの称号を受けた。1956~57年南極横断、60~61年ヒマラヤ学術調査などを行った。1963年からネパールで道路・学校建設など住民のための活動を行った。著書に『わがエベレスト』High Adventure、『雲の中の9か月』High in the Thin Cold Airなど。[徳久球雄]
『吉沢一郎訳『ヒラリー自伝』(1977・草思社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒラリーの言及

【エベレスト[山]】より

…南面の登山ルートである。エバンズ,ヒラリーらのメンバーを中心に順調に高所キャンプが進められ,第1次アタック隊のエバンズらを引き継いだ第2次アタック隊のヒラリーとテンジンが,5月29日午前11時15分頂上に立ち,人類多年の夢を実現した。70年春,日本隊(松方三郎ら)も登頂に成功,75年には田部井淳子ら日本女子隊も登頂を果たした。…

※「ヒラリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒラリーの関連キーワードニュージーランド亜区ニュージーランド海驢オークランドハーバーブリッジとうほくニュージーランド村ニュージーランド交響楽団ニュージーランド学会ニュージーランドワインニュージーランドマアジオークランド[諸島]ニュージーランド馬衣 (New Zealand rug)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒラリーの関連情報