コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒロハシ Eurylaimidae; broadbills

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒロハシ
Eurylaimidae; broadbills

スズメ目ヒロハシ科の鳥の総称。20種からなり,全長 13~28cm。は長くはないが,その名のように幅が広くて大きい。尾羽は多くの種では短いが,長い種もいる。羽色は多様で,緑色や青色を主色とする美しいものが多いが,森林の樹冠で暮らしているために目立たない。昆虫やクモのほかトカゲやカエルなどもとる。飛びながら昆虫類をとることが多い。巣は水上に張り出した木の枝などにつるすようにしてつくり,2~8個の卵を産む。アフリカサハラ砂漠周辺とヒマラヤ山脈東部から中国南部,東南アジアスマトラ島ボルネオ島フィリピンにかけて分布する。また,近年の遺伝子による分類研究の結果,南アメリカパナマからエクアドルに生息するヒロハシマイコドリ Sapayoa aenigma がマイコドリ科から本科に移された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒロハシ
ひろはし / 広嘴
broadbill

鳥綱スズメ目ヒロハシ科に属する鳥の総称。この科Eurylaimidaeには14種がある。鳴管や足の構造から、スズメ目のなかではもっとも原始的な鳥と考えられている。全長13~30センチメートル、ずんぐりした体つきをしており、嘴(くちばし)は名のとおり幅広く、足は短い。羽色はいろいろであるが、美しいものが多い。インド、ネパールから東南アジアやアフリカに分布し、森林の樹上にすむ。枝葉の間を伝い渡りながら、あるいは枝から空中にぱっと飛び立って、昆虫をとらえて食べる。木の実や草の種子を食べることもある。川の上に突き出した枝上に、側面に入口のある洋ナシ形のつり巣をつくり、多くの種では2、3個の卵を産み込む。巣づくり、抱卵、育雛(いくすう)は雌雄ともに行う。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒロハシの関連キーワードヒロハシ(広嘴)マミヤイロチョウアマゾン川青胸緑広嘴胸赤広嘴紋付広嘴小豆広嘴尾長広嘴銀胸広嘴緑広嘴赤広嘴鳴禽類サギ広嘴

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android