コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビニル重合 ビニルじゅうごうvinyl polymerization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビニル重合
ビニルじゅうごう
vinyl polymerization

合成樹脂をつくる重要な反応の一つであって,特にビニル化合物 ( CH2=CHR ) やビニリデン化合物 ( CH2=CRR' ) の二重結合部分が,光,熱,放射線,触媒の作用によって付加重合し,高分子化合物を生成する反応をいう。ビニル化合物ではエチレン,プロピレン,スチレン,塩化ビニルなど,またビニリデン化合物では塩化ビニリデン,メタクリル酸やそのエステルなどが有用な重合体を与える。ビニル重合は方式によって,塊状重合 (溶媒を用いず,単量体のままでの反応) ,溶液重合 (溶媒を用いる反応) ,乳化重合懸濁重合とに分類できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビニル重合
びにるじゅうごう
vinyl polymerization

付加重合の一つ。炭素‐炭素二重結合をもったCH2=CHXの組成の化合物をビニル化合物というが、このビニル化合物は二重結合が開いて線状重合体を与える。この反応をビニル重合という。
 この反応はラジカル的にもまたイオン的にも進行するが、そのおこりやすさは、ビニル単量体(ビニルモノマー)の性質、とくに置換基Xのかさ高さによる立体障害、電子を引き付けるかまたは押し込むような極性効果、あるいはXと二重結合との間の共鳴効果などに支配される。ビニル化合物のほかにビニリデン化合物CH2=CXYやビニレン化合物CHX=CHYの重合をも含む場合もある。
 ビニリデン化合物はラジカル単独重合で重合体を与えるが、ビニレン化合物はXとYがフッ素と水素以外はラジカル単独重合はしない。他のビニル化合物との共重合は可能である。ラジカル単独重合は不可能でもイオン的な重合は可能である。いずれもその構造と重合性とが密接に関係している。[垣内 弘]
『シーエムシー編・刊『ケミカル・リサーチ・シリーズ 重合触媒の特許分析――ビニル重合を中心として』(1970) ▽古川淳二著『高分子のエッセンスとトピックス2 高分子合成』(1986・化学同人)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビニル重合の関連キーワード塩化ビニリデン立体規則性重合ラジカル反応過酸化水素オリゴマー井本 稔高分子溶媒

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android