コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビニル重合 ビニルじゅうごう vinyl polymerization

2件 の用語解説(ビニル重合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビニル重合
ビニルじゅうごう
vinyl polymerization

合成樹脂をつくる重要な反応の一つであって,特にビニル化合物 ( CH2=CHR ) やビニリデン化合物 ( CH2=CRR' ) の二重結合部分が,光,熱,放射線,触媒の作用によって付加重合し,高分子化合物を生成する反応をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビニル重合
びにるじゅうごう
vinyl polymerization

付加重合の一つ。炭素‐炭素二重結合をもったCH2=CHXの組成の化合物をビニル化合物というが、このビニル化合物は二重結合が開いて線状重合体を与える。この反応をビニル重合という。
 この反応はラジカル的にもまたイオン的にも進行するが、そのおこりやすさは、ビニル単量体(ビニルモノマー)の性質、とくに置換基Xのかさ高さによる立体障害、電子を引き付けるかまたは押し込むような極性効果、あるいはXと二重結合との間の共鳴効果などに支配される。ビニル化合物のほかにビニリデン化合物CH2=CXYやビニレン化合物CHX=CHYの重合をも含む場合もある。
 ビニリデン化合物はラジカル単独重合で重合体を与えるが、ビニレン化合物はXとYがフッ素と水素以外はラジカル単独重合はしない。他のビニル化合物との共重合は可能である。ラジカル単独重合は不可能でもイオン的な重合は可能である。いずれもその構造と重合性とが密接に関係している。[垣内 弘]
『シーエムシー編・刊『ケミカル・リサーチ・シリーズ 重合触媒の特許分析――ビニル重合を中心として』(1970) ▽古川淳二著『高分子のエッセンスとトピックス2 高分子合成』(1986・化学同人)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビニル重合の関連キーワード合成樹脂工業合成樹脂塗料ジアゾ反応樹脂加工SOP連続反応グリニヤール反応親水性樹脂合成樹脂調合塗料付加環化

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone