コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビブラフォン[vibraphone] ビブラフォン

音楽用語ダスの解説

ビブラフォン[vibraphone]

鉄琴に類する打楽器金属の音板が、ピアノの鍵盤の位置と同じように配され、各音板の下には共鳴管が付けられている。共鳴管に付けられた電動ファンによって、音の余韻ビブラートがかかり、この楽器独特の音色を生み出す。このファンは、共鳴管の中で1本の軸に配列された金属の円板で、モーターにより回転させる。中央下部のペダルにより余韻をコントロールできる。先がフェルトやゴムなどの柔らかい素材でできているバチを両手に持って金属の音板を打つので、共鳴の作用が大きく、余韻が長いので、マリンバのように同音連打する必要がない。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて | 情報

ビブラフォン[vibraphone]の関連キーワードニューマン(Thomas Newman)バリー(John Barry)ゲイリー マクファーランドモダン・ジャズ・カルテットウォルト ディッカーソンオパス・デ・ジャズフレディ マッコイバイブラフォンチャーリー石黒ビブラフォーンブーレーズ朝吹 英一ハンプトン電気楽器マレットベルクルイス鉄琴

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android