コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビベーカーナンダ ビベーカーナンダ Vivekānanda

6件 の用語解説(ビベーカーナンダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビベーカーナンダ
ビベーカーナンダ
Vivekānanda

[生]1863.1.12. カルカッタ
[没]1902.7.4. ベールル
近代インドの哲学者,宗教家。本名 Narendranāth Datta。ラーマクリシュナ・ミッションの設立者。クシャトリヤ出身。カルカッタの大学に学び,ラーマクリシュナの影響を受け,1886年出家して名をビベーカーナンダと改めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビベーカーナンダ(Vivekānanda)

[1863~1902]近代インドの宗教家。ラーマクリシュナに師事。師の死後、その教えを世界各地にもひろめ、ラーマクリシュナ‐ミッションを創設した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビベーカーナンダ

インドの宗教家。1882年ころラーマクリシュナに出会い,その信仰に共鳴して弟子となる。師の没後,1897年ラーマクリシュナ・ミッションを設立,〈すべての宗教の真理は同一である〉という不二一元論の思想を説き,他の宗教に対して寛容であれと説いた。
→関連項目ラーダークリシュナン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビベーカーナンダ【Vivekānanda】

1863‐1902
近代インドの卓越した宗教家。俗名ナレーンドラナート・ダッタNarendranāth Datta。カルカッタのヒンドゥー上位カースト(カヤスタ)の家系に生まれる。父はカルカッタ高等裁判所の豊かな弁護士で近代的思考の持主,母は息子をシバ神の恩寵によって授かったと信じるほど敬虔なヒンドゥー教の信者であった。彼は英語による近代教育を受け,1884年文学士(カルカッタ大学)となり,さらに当時の知識人の通例に従い法学を修め所定の課程を終えたが,最終試験は受けなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ビベーカーナンダ【Vivekānanda】

1863~1902) インドの宗教家。ラーマクリシュナに師事。彼の死後、その教えを世界に伝え、ヒンズー教の復興運動に尽力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビベーカーナンダ
びべーかーなんだ
Viveknanda
(1863―1902)

近代インドの宗教思想家。本名ナレーンドラナート・ダッタNarendranth Datta。カルカッタ(現コルカタ)のクシャトリヤの名門に生まれる。カルカッタの大学で近代的・西洋的教育を受けたが、1882年にラーマクリシュナと出会い、彼に師事した。師の死後(1886)は、その教えの布教に努めた。
 1893年、アメリカのシカゴで開催された世界宗教会議に、南インドのヒンドゥー教の代表者として出席、あらゆる宗教が帰一することを主張して好評を博した。これを機縁に彼の世界的な伝道活動が始まった。96年には彼はアメリカのニューヨークにベーダーンタ協会を設立し、翌97年にはインドにラーマクリシュナ・ミッションを創設した。98年から1900年にかけてはアメリカおよびヨーロッパの各地を伝道のために遊歴した。02年、39歳の若さでインドのカルカッタ付近のベルールの僧院で没した。
 彼の生涯の活動は、ラーマクリシュナが神秘体験によって獲得したベーダーンタ哲学の不二一元(ふにいちげん)論の思想を、人々の間に広めることであった。不二一元論によって諸宗教の対立が解消されるというのが彼の主張であった。また、奉仕の活動こそが宗教修行の原点であるとして、病院の設立や教育活動を推進した。主著に『カルマ・ヨーガ』がある。[増原良彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビベーカーナンダの関連キーワードタゴール宗教家ナレーターインドアプレーン東インドフゾテレインローイダヤーナンダ・サラスバティーナレーンドラナート・ダッタカルメンマルチ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビベーカーナンダの関連情報