ビュー・コロンビエ座(読み)ビューコロンビエざ

百科事典マイペディアの解説

ビュー・コロンビエ座【ビューコロンビエざ】

フランスの劇場・劇団。パリのビュー・コロンビエ街のアテネ・サン・ジェルマン座を1913年コポーが改造改称したのが始まり。ジュベの発案でコンクリートの常設装置が作られた。サルトルの《出口なし》などの前衛劇を多く上演した。
→関連項目デュラン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報