コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビランジ Melandryum keiskei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビランジ
Melandryum keiskei

ナデシコ科の多年草。本州中部地方の高山の岩礫地に生える高山植物の一種で高さ 30cmぐらいになる。茎は細く,群がって生じ,披針形対生する。夏の終り頃,草丈に比して大型の美しい淡紅色の花をつける。5枚の花弁は軟らかく傷つきやすい。本種には多くの変種や品種があり,高山ごとの隔離による変異が目立つ。そのなかで学名上の基準となる形をオオビランジという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ビランジ

ナデシコ科の多年草。本州中部の深山岩場にはえる。茎は分枝して,高さ10〜30cm,披針形の葉を対生。葉や花柄などには軟毛がある。7〜8月,茎頂に径約2.5〜3cmで淡紅色の5弁花を集散状に開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビランジ
びらんじ
Silene keiskei Miq. var. minor (Takeda) Ohwi et Ohashi

ナデシコ科の多年草。茎は株立ちとなり、高さ10~30センチメートル。葉は披針(ひしん)形。夏、茎頂に淡紅色花を数個開く。茎の上部や萼筒(がくとう)に腺毛(せんもう)がある。山地から高山の岩礫(がんれき)地に生え、中部地方を中心に分布する。基本変種オオビランジは、より大形で毛が少ない。山地に生え、崖(がけ)から垂れ下がることが多く、中部地方に分布する。変種タカネビランジは高山型で、高さは低く、花が大きい。高山に生え、中部地方に分布する。[三木栄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のビランジの言及

【マンテマ】より

… マンテマ属Silene(英名catchfly)はナデシコ科の中では大きな属で約400種が知られており,日本には,高山などに数種が生育している。このうちビランジS.keiskei Miq.var.minor Ohwi et Ohashiは中部地方の高山の岩場などに生える日本特産種で,7~9月にかけ,直径2.5cmほどの淡紅色の美しい花をつける。またムシトリナデシコ,サクラマンテマS.pendula L.などいくつかの種が,広く園芸種として栽植されている。…

※「ビランジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビランジの関連キーワードバクチノキ(博奕の木)バクチノキナデシコ科ビスカリア小田原市博打の木シレネ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android