コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビルマ戦争 ビルマせんそう Anglo-Burmese Wars

6件 の用語解説(ビルマ戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビルマ戦争
ビルマせんそう
Anglo-Burmese Wars

イギリスとビルマ間の前後3回にわたる戦争 (1824~86) 。イギリスビルマ戦争ともいう。第1次戦争 (24~26) はイギリスがアラカンベンガル地方国境問題をめぐり,ビルマのコンバウン朝と戦って勝利を収め,アッサムマニプル,アラカン,テナセリムを取得した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビルマ‐せんそう〔‐センサウ〕【ビルマ戦争】

イギリス‐ビルマ戦争

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビルマ戦争【ビルマせんそう】

19世紀に英国が3次にわたって行ったビルマ侵略戦争イギリス・ビルマ戦争,英緬(えいめん)戦争とも。英勢力がビルマ(現ミャンマー)に伸張するのに対抗したコンバウン朝アラウンパヤー朝)は,東部ベンガル(今のバングラデシュ)をめぐって,英国との関係が緊張し,第1次戦争(1824年―1826年)が起こった。
→関連項目アホム王国ミャンマーヤンゴン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビルマせんそう【ビルマ戦争】

19世紀に3回にわたって戦われたイギリスのビルマ侵略戦争。(1)第1次ビルマ戦争(1824‐26) ビルマのコンバウン朝ボードーパヤーバジードー王のとき,西方のアッサム,アラカンを征服するとともにマニプルに侵入し,カチャルをも脅かした。マラーター戦争を終えたイギリスはベンガル防衛のためカチャルを保護国とし,1824年ビルマに宣戦布告した。ビルマは敗北し,26年のヤンダボ条約で100万ポンド(1000ルピー)の賠償,アラカン,テナッセリムの割譲,アッサム,マニプルへの権利放棄などを約束した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ビルマせんそう【ビルマ戦争】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビルマ戦争
びるませんそう

19世紀に3回にわたって行われたイギリスのビルマ(緬甸、現ミャンマー)に対する植民地戦争。英緬(えいめん)戦争ともいう。[渡辺佳成]

第一次戦争

(1824~26) 18世紀末から19世紀初めにかけて、西方のアラカン、北方のアッサム、マニプルなどに進出したコンバウン朝(アラウンパヤー朝)は、イギリス領インドとの間にさまざまな衝突を引き起こした。イギリスはこの脅威をかえって東方進出の絶好の機会と考え、1824年3月、ビルマに宣戦布告した。イギリス軍に屈したバジードー王は、26年2月、ヤンダボ条約を結び、100万ポンドの賠償、アラカン、テナセリム(現タニンタリー)の割譲、アッサム、マニプルに対する権利放棄などを認めた。[渡辺佳成]

第二次戦争

(1852) これ以後も、両国の関係は円滑を欠き、国境紛争、貿易をめぐる諸問題などが頻出した。武力による解決を決意したイギリスは、1852年末までにプローム、タウングー以南の地域を占領し、一方的に下ビルマの併合を宣言した。[渡辺佳成]

第三次戦争

(1885~86) ミンドン王は両国の国交の改善に努めたが、ついでたったティボー王はフランスに接近してイギリスに対抗しようとした。当時、東南アジア大陸部、雲南をめぐってフランスと対立していたイギリスはこれに脅威を感じ、ボンベイ・ビルマ貿易会社への罰金課税をめぐる紛争を口実として、戦端を開いた。1885年11月末、イギリスは首都マンダレーを占領し、翌年1月1日上ビルマ併合を宣言した。[渡辺佳成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のビルマ戦争の言及

【コンバウン朝】より

…81年に登場した叔父ボードーパヤーは,南西の独立王国アラカンを85年に併合,ビルマの版図をさらに拡大した。しかしその孫バジードーの治世に,変節したアッサム土侯やマニプル土侯制裁のため出兵したビルマ軍と両土侯を支援するイギリス軍との間で衝突が起こり,1824年の第1次ビルマ戦争へと発展した。敗れたビルマはアラカン,テナッセリム両地方をイギリスに割譲,アッサム,マニプルを放棄したうえ,賠償金1000万ルピーを支払った。…

【ミャンマー】より

…しかしとどまることを知らぬ拡張主義は,19世紀に入りイギリス勢力と接触することによって挫折する。イギリスとビルマとの戦争(ビルマ戦争)は3回行われた。最初の衝突はアッサム紛争とアラカン国境での国境侵犯とがきっかけで1824年に発生,敗れたビルマはアッサム,マニプルの放棄,アラカン,テナッセリム両地方の割譲,賠償金1000万ルピーの支払という犠牲を払わされた。…

※「ビルマ戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビルマ戦争の関連キーワードイギリス革命イギリス東インド会社イギリス美術カルリスタ戦争シク戦争イギリスオランダ戦争シンハライギリス巻コロニアルスタイルイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone