コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビワマス(琵琶鱒) ビワマス biwa trout

1件 の用語解説(ビワマス(琵琶鱒)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビワマス【ビワマス(琵琶鱒) biwa trout】

サケ目サケ科の淡水魚。ビワマスは湖沼型で河川型としてアマゴがいる。天然のものは琵琶湖にだけ分布するとされているが,移殖により諏訪湖中禅寺湖などにも見られる。稚魚期には体側に楕円状の斑紋と鮮やかな赤色の小斑点が見られ,湖に下ってからは体色は銀白色となる。生殖期には,緑色を帯び体側に斑状の婚姻色が現れる。雄は上下両あごが伸長する。琵琶湖では生後3~4年を経て,10月中旬~11月下旬にかけて湖に流入する河川に遡上(そじよう)して,れき底の浅所に産卵する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のビワマス(琵琶鱒)の言及

【琵琶湖】より

…ニゴロブナとゲンゴロウブナ,ホンモロコ,ビワコオオナマズとイワトコナマズ,イサザがそれで,それぞれ日本各地に広く分布するキンブナ,タモロコ,マナマズ,ウキゴリから,琵琶湖の広い沖帯を利用すべく進化したものである。またビワマスはアマゴとはすでにかなり異なっているし,アユ,カジカ,ヨシノボリも琵琶湖にすむものと他水域のものとはいくらか違っている。これらは現在種分化の途中にあるものであろう。…

※「ビワマス(琵琶鱒)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビワマス(琵琶鱒)の関連キーワードサケベニザケ甘子河鱒琵琶鱒伊富魚エソックスサケのふるさと館ギンザケ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone