コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンナガ ビンナガ Thunnus alalunga

4件 の用語解説(ビンナガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビンナガ
ビンナガ
Thunnus alalunga

スズキ目サバ科の海水魚。全長 1m内外の小型のマグロ。体は紡錘形で,背面は暗青色,腹面は白色。胸鰭が非常に長く,第2背鰭の位置より後方にまで達する。群れをつくって外洋の中層で生活する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビンナガ

サバ科の魚。地方名ビンチョウ,トンボ,コビンなど。小型のマグロで全長1.2mほど。胸びれが長い。世界中の暖海に分布する。日本では春〜夏に北上して東北付近に達し,秋〜冬に南下する。
→関連項目マグロ(鮪)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ビンナガ

 →ビンナガマグロ

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビンナガ
びんなが / 鬢長
albacore
[学]Thunnus alalunga

硬骨魚綱スズキ目サバ科に属する海水魚。比較的小形のマグロで、最大体長約1.3メートル。成魚の胸びれが著しく長いのが特徴(体長30センチメートル以下のものでは短い)で、ビンチョウ、トンボ(関西地方)の呼称もこれに由来する。温帯性で、各大洋の温帯域に広く分布するが、熱帯海域にはほとんど生息しない。産卵場は亜熱帯海域にあり、幼魚は成長とともに温帯域に回遊し、成魚(体長約90センチメートル、5歳)になるまで温帯域にすむ。北太平洋では日本近海と北アメリカ沿海の間を季節的な東西回遊を行う。夏季は竿(さお)釣り漁業の対象にもなり、延縄(はえなわ)では周年漁獲される。肉は淡紅色で柔らかく、おもに缶詰に利用されてきたが、1990年代以降に刺身、すし種(だね)需要が広まった。[上柳昭治・小倉未基]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビンナガの関連キーワードマダイ赤羽太疣鯛瘤鯛胡麻鯖雀鯛葉血引真鯖インドマグロキハダマグロ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビンナガの関連情報