コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピケッティング ピケッティングpicketing

4件 の用語解説(ピケッティングの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ピケッティング(picketing)

ピケットを張ること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ピケッティング

ピケと略。労働争議ストライキを行う際にその実効性を確保するため見張人(ピケットpicket)を置き,ストライキ参加への要請,ストライキ破りの防衛等を行うこと。
→関連項目争議行為

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピケッティング【picketing】

ピケッティング(ピケともいう)とは,争議行為の参加者が,争議行為の対象となる就労場所である事業場や職場の通用門や出入口で従業員が就労しないように見張りや説得を行う行為をいう。ピケッティングは,数人で行われることもあれば,多数で行われることもある。後者の人垣で設けられた警戒陣をピケットライン(ピケライン)とよぶ。ピケッティングは,通常の争議行為に随伴して行われ,争議行為の実効性を確保することを目的とするが,その態様は多様である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピケッティング
ぴけってぃんぐ
picketing

労働争議に際し、工場の入口でスクラム座り込みをして、ストライキをスト破りなどから防衛したり、一般市民にボイコットを呼びかける行動のことで、ピケともいう。ピケ参加労働者の配置される場所をピケ・ラインpicket lineという。語源的には、所有地の周囲に杭(くい)垣picket fenceを巡らすことに由来するといわれる。ピケはストライキの実効性を確保するための補助的かつ不可欠の手段である。しかし、ストライキが単なる労務の不提供という消極的行為であるのに対して、ピケはスト破りや争議から脱落した者の就労を阻止したり、原材料の搬入や製品の出荷を阻止するなどの積極的行為であるため、どこまでが争議権の正当な行使といえるかが問題となる。この点について、ピケ・ラインでの就労希望者などに対する平和的な説得が許されるにすぎず、バリケードやスクラムなどによる物理的阻止の正当性を否定する説もある。しかし、ピケ・ラインは労使がもっとも鋭く対立する場面であるから、一方の行為だけを切り離して判断することは誤りであり、当該ストライキ全体の経過や使用者の態度などの事情を総合して判断されるべきである。このような立場から、一定の実力行使を伴うピケも正当とするのが多数説である。
 なお、一般市民が示威行動(デモなど)の一環として官公庁の入口を占拠する場合などもピケということがあるが、これは「表現の自由」(憲法21条)の問題であって、争議行為とはいえない。[吉田美喜夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のピケッティングの言及

【争議行為】より

…また,暴力の行使は刑事責任のみならず民事責任を免除するものでない(労働組合法1条2項)。争議行為の手段態様で具体的に問題とされたものに,生産管理,職場占拠,ピケッティング,サボタージュ(怠業),製品ボイコット,リボン腕章着用闘争,ビラはりなどがある。 第1に生産管理や職場占拠(シット・ダウン・スト)戦術については,会社の所有権を侵害するとして違法説をとるものがあるが,日本の企業別労働組合の特質を考慮して,理想型の生産管理――労働組合が使用者に代わって,従前どおりの通常の方法で会社業務の管理を行い,収入は会社のために保管し,生産・販売等業務に従事する組合員には所定どおりの賃金を生産管理後に支払う形態――や使用者の会社施設の占有を排除せず操業をも妨害しない,単純な滞留型の職場占拠に,正当性を認める学説・判例が多い。…

【労働組合法】より

…労働組合法,労働基準法および労働関係調整法は労働三法といわれる。労働組合法は集団的な労使関係を規律する最も基本的な法律で,労組法と略称する。1949年6月1日に制定され,同日に施行された。
[制定までの経緯と変遷]
 戦前にも労組法制定に向けた努力が存在したとはいえ,大正時代から昭和の初頭にいたるまでの間に約20の法案が登場したものの,いずれも日の目をみることはなかった。終戦直後の1945年12月に公布,46年に施行された旧労組法が,日本最初の労組法であった。…

※「ピケッティング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone