ピュロン(英語表記)Pyrrhōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピュロン
Pyrrhōn

[生]前365頃.エリス
[没]前275頃.エリス
ギリシアの哲学者。古懐疑学派の祖。デモクリトス学派のアナクサルコスに学び,アレクサンドロス大王のインド遠征に従ったが,前 330年頃故郷へ帰って教え,信望を集めた。その思想はティモンの嘲笑詩の断片から知られるのみである。彼によれば,われわれの事物に関する表象は真偽の判定の埒外にあり,各人各様の知覚ないし認識の可能性があるから,客観的真実や学問の存在は不可能である。したがってわれわれは客観的真実を語るという意味でのあらゆる積極的な主張をやめるために,一切の判断を差し控えること (→エポケー ) が哲学者のとるべき適切な道であり,同時にそれが心の平穏 (→アタラクシア ) へ導く唯一の道であるとした。 (→懐疑学派 , 懐疑論 )  

ピュロン
pylon

塔門。古代エジプトの神殿の正面入口に立つ塔形式の門。一般に上部が水平な断面となり,塔身は方形で内側に傾斜し,厚い壁でおおわれている。内部には階段があり,大きなものには小室が設けられている。起源は明確ではないが,神殿の造営が盛んになった第 18王朝以後数多く建造されている。大神殿では2つ以上ある場合もある。代表的な遺構カルナック神殿ルクソール神殿塔門など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ピュロン

古代エジプトの神殿の入口の両側に立つ石造の塔門。台形状の高く厚い壁で,前面は象形文字浮彫で飾られた。
→関連項目ルクソル神殿

ピュロン

古代ギリシアの哲学者。懐疑論の祖とされ,英語pyrrhonismなどはその名に由来する。アレクサンドロス東征に従い,インドのヨーガ行者に出会って,この世の一切が不確実であること,それによる魂の苦悩を避けるには,判断中止エポケー)をして,心の平安(アタラクシア)を求めるべきことを説いたといわれる。
→関連項目ティモン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピュロン【Pyrrhōn】

前360ころ‐前270ころ
〈懐疑派の祖〉と呼ばれるギリシア哲学者。エリスの人。画家として出発し,やがてデモクリトス学派の哲学者アナクサルコスAnaxarchosに学び,師に従ってアレクサンドロス大王のインド遠征に参加する。そこで彼はヨーガ行者たちに出会って,これまでの生き方,考え方を一変させる衝撃を受けたといわれる。いっさいは無常であり,万物について,何ひとつ積極的に〈何か〉であると確言することはできない。移ろいゆく現象を永遠の実在と錯覚することから魂の苦悩が始まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ピュロン【pylon】

ピュロン【Pyrrhōn】

前360頃~前270頃) ギリシャの思想家。判断中止(エポケー)によって魂の平安(アタラクシア)に達することを説き、懐疑派の祖とされる。アレクサンドロス大王の東征に従軍。著作はなく、弟子ティモンを通じて知られる。ピロン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ピュロン

〘名〙 (pulōn) エジプト建築楼門量感のある壁を築き、下部に入口を設けたもの。

ピュロン

(Pyrrhon) 古代ギリシアの哲学者。懐疑論の祖。真偽善悪の判断はすべて誤謬をおかす可能性があり、心の動揺がここに原因するとして、すべての判断の中止を行ない、心の平静を得るようにと説いた。(前三六〇頃‐前二七〇頃

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のピュロンの言及

【エポケー】より

…〈判断中止・停止〉を意味する哲学用語。古代ギリシアの懐疑論者ピュロンは,さまざまな哲学説の真偽を判定しようとしたが徒労に終わり,いたずらに苦悩を増すだけであった。それゆえ彼は心の平静を得るべく,判断停止を決意した。…

【懐疑論】より

…古代の懐疑派は通常三つの時期に区別される。初期にはピュロン(その名に由来するピュロニズムは懐疑論の別名となった)とその弟子ティモンTimōnがおり,彼らは何事についても確実な判断を下すのは不可能であるから,心の平静(アタラクシア)を得るためには判断の留保(エポケー)を実践すべきことを説いた。中期はプラトンゆかりの学園アカデメイアの学頭であったアルケシラオスArkesilaosとカルネアデスKarneadēsに代表される。…

※「ピュロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報