コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュロン ピュロンPyrrhōn

8件 の用語解説(ピュロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピュロン
ピュロン
Pyrrhōn

[生]前365頃.エリス
[没]前275頃.エリス
ギリシアの哲学者。古懐疑学派の祖。デモクリトス学派のアナクサルコスに学び,アレクサンドロス大王インド遠征に従ったが,前 330年頃故郷へ帰って教え,信望を集めた。その思想はティモンの嘲笑詩の断片から知られるのみである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ピュロン
ピュロン
pylon

塔門。古代エジプトの神殿の正面入口に立つ塔形式の門。一般に上部が水平な断面となり,塔身は方形で内側に傾斜し,厚い壁でおおわれている。内部には階段があり,大きなものには小室が設けられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ピュロン(Pyrrhōn)

[前360ころ~前270ころ]古代ギリシャの哲学者。懐疑派の祖。人間の生活理想は心を乱されない静けさアタラクシア)にあり、そのためにはあらゆる真偽善悪の判断を中止(エポケー)しなければならないと説いた。ピロン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ピュロン

古代エジプトの神殿の入口の両側に立つ石造の塔門。台形状の高く厚い壁で,前面は象形文字浮彫で飾られた。
→関連項目ルクソル神殿

ピュロン

古代ギリシアの哲学者。懐疑論の祖とされ,英語pyrrhonismなどはその名に由来する。アレクサンドロスの東征に従い,インドのヨーガ行者に出会って,この世の一切が不確実であること,それによる魂の苦悩を避けるには,判断中止エポケー)をして,心の平安(アタラクシア)を求めるべきことを説いたといわれる。
→関連項目ティモン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピュロン【Pyrrhōn】

前360ころ‐前270ころ
〈懐疑派の祖〉と呼ばれるギリシア哲学者。エリスの人。画家として出発し,やがてデモクリトス学派の哲学者アナクサルコスAnaxarchosに学び,師に従ってアレクサンドロス大王のインド遠征に参加する。そこで彼はヨーガ行者たちに出会って,これまでの生き方考え方を一変させる衝撃を受けたといわれる。いっさいは無常であり,万物について,何ひとつ積極的に〈何か〉であると確言することはできない。移ろいゆく現象を永遠の実在と錯覚することから魂の苦悩が始まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ピュロン【pylon】

ピュロン【Pyrrhōn】

前360頃~前270頃) ギリシャの思想家。判断中止(エポケー)によって魂の平安(アタラクシア)に達することを説き、懐疑派の祖とされる。アレクサンドロス大王の東征に従軍。著作はなく、弟子ティモンを通じて知られる。ピロン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のピュロンの言及

【エポケー】より

…〈判断中止・停止〉を意味する哲学用語。古代ギリシアの懐疑論者ピュロンは,さまざまな哲学説の真偽を判定しようとしたが徒労に終わり,いたずらに苦悩を増すだけであった。それゆえ彼は心の平静を得るべく,判断停止を決意した。…

【懐疑論】より

…古代の懐疑派は通常三つの時期に区別される。初期にはピュロン(その名に由来するピュロニズムは懐疑論の別名となった)とその弟子ティモンTimōnがおり,彼らは何事についても確実な判断を下すのは不可能であるから,心の平静(アタラクシア)を得るためには判断の留保(エポケー)を実践すべきことを説いた。中期はプラトンゆかりの学園アカデメイアの学頭であったアルケシラオスArkesilaosとカルネアデスKarneadēsに代表される。…

※「ピュロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ピュロンの関連キーワードグレゴリオ暦経絡閏年三谷章子姫野まほ小森すみ恵山根聖美君島光輝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone