コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピロガロール ピロガロールpyrogallol

翻訳|pyrogallol

7件 の用語解説(ピロガロールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピロガロール
ピロガロール
pyrogallol

焦性没食子酸ともいう。1,2,3-トリオキシベンゼンのこと。没食子酸を熱分解して得られる無臭の無色針状晶。融点 131~133℃。昇華性。空気と光によって酸化され,灰色になる。アルカリ性水溶液中ではさらに酸化されやすく,空気を通すと酸素を吸収して暗褐色になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ピロガロール(pyrogallol)

没食子酸(もっしょくしさん)を熱して得られる白色の針状結晶。そのアルカリ性溶液は酸素を吸収するので、ガス分析などに利用。また還元性が強いので、写真の現像液や分析試薬などに用いる。化学式C6H3(OH)3 焦性没食子酸

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ピロガロール

1,2,3−トリヒドロキシベンゼンC6H6O3。焦性没食子酸とも。無色の結晶。融点131〜133℃,沸点309℃。水,エタノールに易溶。還元性が強く,アルカリ水溶液は酸素を吸収する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ピロガロール

 C6H6O3 (mw126.11).

 焦性没食子酸ともいう.化学分析や工業用に使われる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピロガロール【pyrogallol】

1,2,3‐トリヒドロキシベンゼンにあたる。焦性没食子酸ともいう。白色結晶,融点131~133℃,沸点309℃。ゆっくり加熱すると昇華する。水,アルコールエーテルによく溶けるが,ベンゼン,クロロホルム二硫化炭素には少ししか溶けない。金,銀,水銀の塩を還元して金属を沈殿させ,酢酸鉛との反応では白色沈殿を生ずる。水溶液,とくにアルカリ性水溶液は,空気に触れると酸素を速やかに吸収し暗褐色となる。そのためアルカリ水溶液は酸素の除去に,またこの反応が定量的に進むことからガス分析の酸素の定量にも用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ピロガロール【pyrogallol】

三価フェノールの一。化学式 C6H3(OH)3 白色針状結晶で、そのアルカリ性水溶液は酸素を吸収して暗赤色となる。還元剤・医薬品・分析試薬などに用いる。焦性没食子酸。 1 、 2 、 3 -トリヒドロキシベンゼン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピロガロール
ぴろがろーる
pyrogallol

多価フェノールの一つ。1,2,3-トリヒドロキシベンゼンのこと。焦性没食子酸(しょうせいぼっしょくしさん/もっしょくしさん)という慣用名もある。天然にはそのままの形で、あるいはタンニンの成分として糖と結合した形で広く植物体に含まれる。タンニン酸の加水分解により得られる。白色の針状結晶。還元性が強く、そのアルカリ性水溶液は酸素を速やかに吸収して反応し暗褐色を呈するので、かつては気体中の酸素の分析のために利用した。アンチモンやビスマスの検出試薬としても利用される。水溶液は鉄()塩で青色を示す。水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルなどにはある程度溶解するが、ベンゼンや石油系の炭化水素にはほとんど溶けない。毒性があるので、皮膚に触れさせないこと。[徳丸克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone