ファンダメンタリズム(英語表記)fundamentalism

翻訳|fundamentalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ファンダメンタリズム」の解説

ファンダメンタリズム
fundamentalism

根本主義と訳される。 19世紀末から 20世紀初頭にかけてヨーロッパの自由主義神学の影響がアメリカのプロテスタント教会に及び,この神学に抵抗して信仰の根本的教理を固守しようとして,特にアメリカに起ったキリスト教信仰運動。ダーウィンの進化論聖書の歴史的高等批評,近代主義,教会の世俗化などに反対した。聖書を逐語霊感説によって解釈し,信仰の伝統的立場を固持して教会教派の分裂を招いた。 1895年ナイアガラで開かれた保守的プロテスタント聖書会議は「ファンダメンタリズム5項目」として次のものをあげている。聖書の逐語無謬,イエス・キリストの神性,処女降誕,代理贖罪説,キリストの身体的復活と身体的再臨。現代アメリカでは家庭崩壊や性の乱れに対して,伝統的家族観や共同体意識の復権が「モラル・マジョリティ」などの根本主義の団体から叫ばれている。また聖書を根本原理とすることから人工妊娠中絶や教科書内容 (進化論) を具体的な批判対象として問題化している。政治的にはニュー・ライトの傾向に近いものがある。なお,一般に原理主義といわれ,現存する社会秩序の混乱や道徳心の頽廃に対抗して伝統的価値観への回帰を主張する思想および運動をさすこともある。イスラム原理主義はその代表的なものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ファンダメンタリズム」の解説

ファンダメンタリズム
ふぁんだめんたりずむ
Fundamentalism

根本主義。1920年代、アメリカ・プロテスタント諸教派内に起こった論争的保守的運動。進化論や聖書の高等批評を容認したり社会的福音(ふくいん)に同調する神学的近代主義に抵抗し、逐語霊感説による聖書無謬(むびゅう)、キリストの処女降誕、刑罰代償説、キリストの復活、キリストの再臨などをキリスト教信仰の根本教義と主張し、その「ファンダメンタルズ・真理の証言」(1910~15)はアメリカ国内に驚異的支持を得た。熾烈(しれつ)な論争が起こり、とくにバプティスト派や長老派において異端摘発や追放、分裂を引き起こした。南部諸州で栄え、テネシー州では公立学校から進化論を閉め出した(1925)。しかし30年代には影響力が衰え、排他的・攻撃的性格を弱め、50年代以降福音派がそれを継承し、その指導的人物はビリー・グラハムである。

[小笠原政敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ファンダメンタリズム」の解説

ファンダメンタリズム

広く一定の教義・教説墨守する思想・信仰上の立場,狭義には1920年代の米国に興ったプロテスタントの信仰運動をいい,〈根本主義〉と訳される。聖書の記述を文字通りに受け取り(聖書逐語霊感説),創造説を固守して進化論を斥け,純潔な生活を説くなどした。スコープス裁判は象徴的な例。宗教に加えて人種問題,社会問題などと複雑にからみ,現代にあって米国以外でも多様な展開をみせている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ファンダメンタリズム」の解説

ファンダメンタリズム【Fundamentalism】

1920年代に起こったアメリカ・プロテスタント教会内の保守的な神学運動をいい,〈根本主義〉と訳される。そのルーツは19世紀に英米で何度か燃えひろがった千年王国運動や信仰復興(リバイバル)運動の中にあるが,1910‐15年に《The Fundamentals》という小冊子が広範に頒布されてから,一挙に社会問題へと発展した。1925年,テネシー州デートンの公立学校の教師スコープスJohn T.Scopesが進化論を教えたかどで告発され有罪とされた事件(スコープス裁判)は,その典型的な例であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のファンダメンタリズムの言及

【聖書】より

…とくに19世紀末以来第1次世界大戦まで,時代思潮の影響の下に進歩史観にもとづく聖書宗教思想の解釈が風靡(ふうび)した。この近代主義に反発したのが,ファンダメンタリズムといわれるアメリカに始まった運動であり,聖書の霊感と無謬(むびゆう)性,キリストの神性と処女降誕,代理的贖罪(しよくざい),体のよみがえり,再臨の五つの根本教理を堅持し,他を自由主義者と呼んで区別した。第1次大戦後の進歩主義への幻滅と人間の問題性の深い認識は,聖書の歴史的解釈の限界を自覚させ,実存主義的・神学的解釈を生み出した。…

※「ファンダメンタリズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android