コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィアナランツォア Fianarantsoa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィアナランツォア
Fianarantsoa

マダガスカル中南東部の都市。フィアナランツォア州の州都。アンタナナリボ南南西約 290km,標高 1200mの高地に位置。南部の主要都市で,米作や豆類,キャッサバの栽培などが行われ,牧畜も盛ん。インド洋にのぞむ港湾都市マナカラと鉄道で結ばれている。地名は「何がよいかを学ぶ地」の意。人口 12万 4489 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フィアナランツォア(Fianarantsoa)

マダガスカル中南部の都市。1830年、メリナ朝の女王ラナバルナ1世により建設され、鉄道交通の要地として発展。同国第4の規模をもつ。標高約1200メートルの高原に位置する。紅茶、ワインの産地。フィアナランツァ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

フィアナランツォア

マダガスカルの中東部の都市。標高1200mの高原上に位置する。周辺はコメ,茶,バレイショ,タバコ,ブドウなどを産する肥沃な農地で,食品加工を主産業としている。インド洋岸の港町マナカラまで鉄道が通じ,首都のアンタナナリボとは道路で結ばれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィアナランツォア
ふぃあならんつぉあ
Fianarantsoa

アフリカ南東部、マダガスカル中部の都市。フィアナランツォア州の州都。人口10万9248(1993センサス)、13万4600(2002推計)。首都アンタナナリボの南南西290キロメートル、標高1200メートルの高原に位置する。米、タバコ、コーヒー、ブドウを産する。東岸のマナカラに至る鉄道の起点。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フィアナランツォアの関連キーワードラヌマファナ国立公園サザンクロス街道マナンジャリラヌマファナアンバラバオサンバビー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android