コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィゾー Fizeau, Armand-Hippolyte-Louis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィゾー
Fizeau, Armand-Hippolyte-Louis

[生]1819.9.23. パリ
[没]1896.9.18. ナントゥイユルオードゥアン
フランスの物理学者。光学現象に興味をもち,1849年歯車の方法により光速度の測定に成功。 53年流水中の光速度の流速による変化を測定して,A.J.フレネルの随伴係数が正しいことを示した (→フィゾーの実験 ) 。また星からくる光についてドップラー効果による解釈を C.J.ドップラーとは独立に (ただし6年遅れて) ,より正しい形で示した。 60年に科学アカデミー会員になり,63年からはパリのエコール・ポリテクニクの物理学部長をつとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フィゾー

フランスの物理学者。初めフーコーとともに写真,光学,赤外線等を研究。1849年反射鏡と歯車の組合せにより光速度を測定,1851年流水中の光速度を測定(フィゾーの干渉実験)。
→関連項目光速度

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィゾー【Armand Hippolyte Louis Fizeau】

1819‐96
フランスの物理学者。パリの生れ。最初医学を志したが病弱なため,物理学に志望をかえ,私財に依存して終生職に就くことなく研究を続けた。コレージュ・ド・フランスでH.V.ルニョーについて光学を学び,パリ天文台のD.F.J.アラゴーの励ましをうけて研究を進めた。銀板写真を改良し,1845年にはJ.B.L.フーコーとともに太陽面の撮影に成功した。また彼らは,アラゴーが試みていた地球上での光速度測定の実験を継承し,回転鏡を鋸歯付きの輪を高速で回転させる装置にかえ,フィゾーは49年に,空気中での光速度として約3.15×105km/sの値を測定した(フィゾーの実験)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フィゾー【Armand Hippolyte Louis Fizeau】

1819~1896) フランスの物理学者。歯車を利用して初めて地上で光速度を測定。また、運動する媒質中の光速度測定を行いフレネル随伴係数の仮説を証明した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィゾー
ふぃぞー
Armand Hippolyte Louis Fizeau
(1819―1896)

フランスの物理学者。パリ生まれ。父はパリ大学医学部教授で、フィゾーも医学を志すが、病弱なため物理学に志望を変え、コレージュ・ド・フランスでルニョーに、パリ天文台でアラゴに師事し、理工科大学校(エコール・ポリテクニク)の講義ノートを借りて勉強した。若いころからダゲールの写真術に取り組み、1845年にはフーコーと共同して太陽面の鮮明な写真撮影に初めて成功した。彼らはまた、回転鏡を用いて光速の絶対値を測定しないで空気中と水中とでの光速を比較するという、アラゴが提案した方法の実用化に努力した。それを用いての実験結果は、二人の仲たがいのため、1850年に別々に発表された。ともに空気中での光速が大きいという、光の波動説を支持する結果であった。
 フィゾーは光速の絶対値を測定することにも取り組んだ。約9キロメートル離れた二つの歯車を高速で回転させ、それぞれの歯と歯の間を通して光を往復させるという方法で、1849年に秒速約3.133×105キロメートルという値を得た。1851年にはフレネルの随伴係数を実験的に確かめた。フレネルは1818年に、透明物体が運動すると、その物体中のエーテルがある割合で随伴して運動するという説を唱えていた。それをフィゾーは、流水中に水流と同方向および逆方向に光を通して干渉させるという方法で立証したのである。1848年にはドップラーとは独立にドップラー効果の考えを得、それが星の視線速度の測定に利用できることを予見した。[杉山滋郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフィゾーの言及

【恒星干渉計】より

…天体望遠鏡の空間分解能は地球大気の乱流のため1秒角程度に制限されるので,これよりも小さい恒星などの天体の大きさを直接測定することはできない。恒星干渉計は光の干渉を利用して恒星の大きさを測定する方法で,1868年にフランスのフィゾーA.H.L.Fizeauにより提案された。すなわち天体からの光を適当な間隔に置いた二つの鏡(図のM1およびM4)で受けた後重ね合わせると,光の波動性を証明したヤングの実験と同じ原理で,天体が大きさをもたない点光源であれば図のdに明りょうな干渉縞が観測される。…

【恒星干渉計】より

…天体望遠鏡の空間分解能は地球大気の乱流のため1秒角程度に制限されるので,これよりも小さい恒星などの天体の大きさを直接測定することはできない。恒星干渉計は光の干渉を利用して恒星の大きさを測定する方法で,1868年にフランスのフィゾーA.H.L.Fizeauにより提案された。すなわち天体からの光を適当な間隔に置いた二つの鏡(図のM1およびM4)で受けた後重ね合わせると,光の波動性を証明したヤングの実験と同じ原理で,天体が大きさをもたない点光源であれば図のdに明りょうな干渉縞が観測される。…

【光速度】より

…また,J.ブラッドリーは1725年ごろに地球の公転速度によって光の進入方向がわずかに傾く効果を用いて光速度を求めた。これら天文学的方法に対して地上の光学実験で光速度を測定した例の中では,1849年のA.フィゾーによる回転歯車を用いた測定(フィゾーの実験,3.13×108m/s)およびその翌年J.フーコーが行った回転鏡を利用した測定(2.98×108m/s)が有名である。その後,78年からA.マイケルソンによって光速度の精密測定が精力的に行われ,1926年にはカリフォルニアのウィルソン山とアントニオ山の間で光を往復させる実験において,2.99796×108m/sという値を得た。…

※「フィゾー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フィゾーの関連キーワードフーコー(Jean Bernard Léon Foucault)ドップラー(Johann Christian Doppler)ローレンツ(Hendrik Antoon Lorentz)ドップラー‐フィゾーの原理フレネルの随伴係数光(light)天文学史(年表)フィゾー効果相対性理論光の科学史9月23日恒星干渉計コルニュ天体写真

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android