フィッシャー・ディースカウ(読み)ふぃっしゃーでぃーすかう(英語表記)Dietrich Fischer-Dieskau

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィッシャー・ディースカウ
ふぃっしゃーでぃーすかう
Dietrich Fischer-Dieskau
(1925―2012)

ドイツのバリトン歌手で、20世紀の声楽界を代表する一人。ベルリン近郊ツァーレンドルフ生まれ。短期間ベルリン音楽大学に学んだが、勉学は第二次世界大戦の兵役により中断。イタリアでの抑留生活を経て、1947年ドイツに戻り、同年コンサート歌手として、翌年にはオペラ歌手としてデビューした。1949年からウィーン、ミュンヘンの歌劇場などにしばしば登場、バロックから現代の作品まで歌い、バイロイト、ザルツブルクなどの有名音楽祭でも活躍。一方、宗教音楽、歌曲にも精通し、シューベルト、ブラームス、ウォルフなどのドイツ歌曲を軸とした歌曲のレパートリーは1000曲を超える。高度で安定した技術、高音から低音までの声質のつながりの滑らかさ、高度な集中力と性格の掘り下げの深さにより、歌曲を中心に今日の声楽演奏に新しいページを加えた。1963年(昭和38)ベルリン・ドイツ・オペラとともに初来日。同歌劇場からは宮廷歌手の称号を与えられた。1993年に舞台からは引退、それに先だつ1981年にはベルリン音楽大学教授に就任し、教育活動も行った。また指揮、著述でも活躍、そのうち『シューベルトの歌曲をたどって』『ワーグナーとニーチェ』などは邦訳もある。[美山良夫]
『K・ホイットン著、小林利之訳『フィッシャー=ディースカウ』(1985・東京創元社) ▽原田茂生訳『シューベルトの歌曲をたどって』(1997・白水社) ▽原田茂生・吉田文子訳『シューマンの歌曲をたどって』(1997・白水社) ▽ハンス・A・ノインツィヒ著、小場瀬純子訳『ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ――偉大なる声楽家の多面的肖像』(1997・音楽之友社) ▽実吉晴夫・田中栄一・五十嵐蕗子訳『自伝フィッシャー=ディースカウ――追憶』(1998・メタモル出版) ▽荒井秀直訳『ワーグナーとニーチェ』(2002・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィッシャー・ディースカウの関連情報