コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィブリノーゲン フィブリノーゲン fibrinogen

翻訳|fibrinogen

7件 の用語解説(フィブリノーゲンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィブリノーゲン
フィブリノーゲン
fibrinogen

線維素原。血漿蛋白でグロブリンに属し,血液凝固の役割を果している。分子量約 40万。血液凝固のとき,トロンビンの作用によりケラチン型の硬蛋白質であるフィブリンと非蛋白質フィブリノペプチド加水分解され,フィブリンゲルの塊ができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フィブリノーゲン(fibrinogen)

フィブリノゲン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フィブリノーゲン

繊維素原とも。血液凝固に関係するタンパク質グロブリンとしての一般的性質をもつが塩析されやすい。分子量約34万,α,β,γの3種のポリペプチド鎖各2本ずつ計6本がS-S結合によってつながったもの。
→関連項目血清血餅

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

フィブリノーゲン

 血液に含まれるタンパク質で,血液凝固において中心的な役割を果たす.血液凝固の際は部分加水分解されてフィブリンとなり,網目状の組織を作って破れた血管の蓋の役割をする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フィブリノーゲン【fibrinogen】

血液凝固の際の主要な因子。血漿(けつしよう)中に0.2~0.4%含まれている糖タンパク質で,繊維素原とも呼ばれる。分子量は約34万で,α,β,γ鎖と呼ばれる3種のポリペプチド鎖おのおの2本ずつから成っている。これらの6本の鎖は29ヵ所のS‐S結合によって,互いに結ばれている。各鎖ともにアミノ酸配列はすべて決定されている。長さ約46nmの棒状分子で,タンパク質分解酵素トロンビンの作用によりα鎖とβ鎖の一部分が切断遊離され,フィブリンモノマーになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フィブリノーゲン【fibrinogen】

血漿中に含まれる糖タンパク質の一種。血液を凝固させる因子の一つで、肝細胞でつくられる。繊維素原。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィブリノーゲン
ふぃぶりのーげん
fibrinogen

血液凝固系の第因子。血漿(けっしょう)タンパク質の一つで、繊維素原(線維素原)ともいう。脊椎(せきつい)動物の血液凝固において中心的役割を果たしている。血中に約80%、血管外腔(がいくう)に約20%分布する。おもに肝臓でつくられ、ヒト血漿1リットル中に2~6グラム含まれる。妊娠、炎症、感染性疾患などで増加し、赤血球沈降速度(血沈)も上昇する。分子量は約34万で、そのうちの1万は糖鎖(グルコースなどの糖がいくつかつながったもの。糖鎖のついているタンパク質を糖タンパク質という)が占めるが、Bβ(ベータ)鎖とγ(ガンマ)鎖のみにあり、Aα(アルファ)鎖にはない。3種のポリペプチド鎖2本ずつからなり、フィブリノーゲン1分子は(Aα・Bβ・γ)2で表される。N末端のアミノ酸はAα鎖がアラニン、Bβ鎖はピロリドンカルボン酸、γ鎖はチロシンである。分子量はそれぞれ約6万5000、約5万5000、約4万7000で、全体で約33万4000である。分子の大きさは直径9ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)、長さ45~46ナノメートルで、両端と中央部に節のある棒状を呈する。
 血管壁が傷つけられると血小板からトロンボキナーゼ(凝固因子a)が遊離し、プロトロンビンをトロンビンへと活性化する。プロテアーゼの一種であるトロンビンによってフィブリノーゲンはアルギニンArg16-グリシンGly17の部位で限定的な分解を受け、フィブリノペプチドAおよびBを遊離してフィブリンモノマー(αβγ)2となる。ヒトのβ鎖はアミノ酸461残基で分子量5万2230、メチオニンを15残基含む。モノマー(単量体)は会合してポリマー(重合体)となり、さらにa因子であるトランスグルタミナーゼによって、γ鎖間にイソペプチド結合の架橋が施される。これにより、じょうぶな三次元の網目構造ができ、難溶性となり、血液凝固が完了する。
 なお、フィブリノーゲンは1686年マルピーギにより発見され、1847年ウィルヒョーによって命名された。1879年スウェーデンの化学者ハマーステンOlof Hammarsten(1841―1932)が高純度のものを調製し、1979年に、イギリスのドゥーリトルRussel F. Doolittleらがヒト‐フィブリノーゲンのα鎖のアミノ酸配列を決定した。さらに2001年、ようやくニワトリ‐フィブリノーゲンの三次元構造が解像度2.7オングストローム(Å)で明らかになった。この時点では、全部が確定しているわけではないが、ヒト、ウシ、ニワトリ、ウナギの4種間で構造の違いはわずかであることが明らかになった。[野村晃司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフィブリノーゲンの言及

【血液】より

…これらは全身の各組織に運搬されるが,他の物質と結合してその物質の運搬にあずかるものもある。血漿中には血液の凝固に関与するフィブリノーゲン(繊維素原)凝固因子も含まれ,血小板と共働して血液凝固にあずかる。 血液凝固が完了したのち,凝固塊(これを血餅という)を取り除くと黄色透明な液体が残る。…

※「フィブリノーゲン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィブリノーゲンの関連キーワード血液凝固血液病フィブリン血液凝固因子血液凝固因子製剤凝固因子抗凝血薬血液凝固促進剤坑凝固薬止血因子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone