コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィラリア filaria

翻訳|filaria

百科事典マイペディアの解説

フィラリア

糸状虫とも。線虫類に属する糸状の寄生虫。種類が多いが,日本ではバンクロフト糸状虫マレー糸状虫で,南九州をはじめ各地に散在する。アカイエカなどのカが媒介する。成虫は10cmに及ぶものもあり,リンパ系に寄生,幼虫(ミクロフィラリア)を産み,これが特に夜間に血液中に現れる。主症状は不定期の発熱発作で,慢性化して象皮病になる。治療薬はジエチルカルバマジン,マファルゾールなど。なおイヌのフィラリアは,ヤブカ,ハマダラカが媒介し,心臓に寄生。ウシなどの動物寄生種のフィラリアの幼虫はヤギ,ヒツジなどの腰麻痺(まひ)の原因となる。
→関連項目駆虫薬センチュウ(線虫)届出伝染病風土病

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィラリア【filaria】

線形動物双腺綱糸状虫上科Filarioideaに属する寄生虫の総称。糸状虫ともいう。成虫は糸状細長で,各種脊椎動物のリンパ管(および節),血管,皮下組織,眼窩(がんか)などに寄生し,胎生で被鞘幼虫(ミクロフィラリアmicrofilaria)を産出し,吸血昆虫によって伝播される。 人体寄生種のおもなものには,バンクロフトシジョウチュウ,マレーシジョウチュウBrugia malayiオンコセルカ,ロアシジョウチュウLoa loaなどがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フィラリア【filaria】

袋形動物門線虫綱糸状虫目の寄生虫の総称。体は細長く糸状。吸血昆虫によって媒介され、脊椎動物の体内に寄生する。人間に寄生して象皮病などの症状を起こすバンクロフト糸状虫、犬に寄生する犬糸状虫などがある。糸状虫。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィラリア
ふぃらりあ
filaria

線形動物門双腺(そうせん)綱糸状虫(しじょうちゅう)目に属する寄生虫のこと。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフィラリアの言及

【イヌ(犬)】より

…一般に,小型種ほど単位体重当りの必要熱量は多い。
[病気]
 イヌの病気は種々あるが,飼主が注意しなければならないのは,ジステンパー伝染性肝炎パルボウイルス腸炎,レプトスピラ病,消化器寄生虫病,フィラリア症,皮膚病などがおもなものである。ジステンパー,伝染性肝炎,パルボウイルス腸炎の病原はウイルスで,ワクチンの接種で予防できる。…

【水腫】より

…また筋肉の運動はリンパ液の灌流を促進するので,半身不随などでは麻痺側に水腫がおこりやすい。フィラリア糸状虫がリンパ管内に多数寄生すると,下肢・外陰部に高度の水腫がおこり,象皮病となる。 水腫がおこると,組織は膨張し,しわはのび緊張し,蒼白,貧血状となり,温度も下がる。…

※「フィラリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィラリアの関連情報