フェルディナント(2世)(読み)ふぇるでぃなんと(英語表記)Ferdinand Ⅱ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェルディナント(2世)
ふぇるでぃなんと
Ferdinand
(1578―1637)

神聖ローマ皇帝(在位1619~37)。フェルディナント1世の孫。イエズス会の教育を受けた反宗教改革の典型的な君主。1617年ボヘミア王、18年ハンガリー王となり、新教派を圧迫したため、18年ボヘミア貴族の反乱を招き、三十年戦争の発端をつくった。19年、皇帝に即位すると、ボヘミア議会は彼のボヘミア王廃位を宣言し、プファルツ選帝侯フリードリヒ5世を王に選立したため、内外の旧教勢力の援助を受けて同年ワイサーベルクにフリードリヒを破り、ついでワレンシュタインを起用してデンマーク王クリスティアンの侵入を撃退し、一時は全ドイツを制したが、スウェーデン王グスタフ・アドルフの侵入を受け、戦争の渦中に没した。[中村賢二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android