フェルナンデス(読み)ふぇるなんです(英語表記)Dominique Fernandez

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェルナンデス(Dominique Fernandez)
ふぇるなんです
Dominique Fernandez
(1929― )

フランスの作家、批評家。パリに生まれる。父親は第二次世界大戦前に活躍した文芸評論家ラモン・フェルナンデス。高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリュール)へ進み、イタリア語の教授資格を取得。一時ナポリで教鞭(きょうべん)をとった。1961年結婚(のち離婚)。イタリアの作家パベーゼの研究により文学博士号を得たあと、66年以降ブルターニュ地方のレンヌ大学の教授となる(89年まで)。旺盛(おうせい)な作家活動に加え、『ヌーベル・オプセルバトゥール』誌などの定期寄稿者として批評活動を続けている。
 数多い作品群を貫いているのはイタリアへの深い愛着と造詣(ぞうけい)であり、「精神分析的伝記小説」ともよばれる独自の手法によって、多くは実在の人物の内面に入り込み、「戦闘的同性愛者」を自称する作者らしい熱っぽい語り口のうちに、少数者の苦悩、性差別のない社会への希求などを浮き彫りにする。同時に、博識をもとに文化的背景、時代までを描き、たとえば去勢歌手カストラートを扱った代表作『ポルポリーノ、あるいはナポリの秘密』Porporino ou les Mystres de Naples(1974。メディシス賞受賞)は18世紀のナポリの再現でもある。小説作品としては、ほかに『薔薇(ばら)色の星』L'toile rose(1978)、『シニョール・ジョバンニ』Signor Giovanni(1981)、同性愛者で非業の死を遂げた詩人・映画監督のパゾリーニが主人公の『天使の手のなかで』Dans la main de l'ange(1982。ゴンクール賞受賞)、『愛』L'Amour(1986)、エイズを取り上げた『除(の)け者の栄光』La Gloire du Paria(1987)、『南の学校』 L'cole du Sud(1991)、『ポルフィリオとコンスタンス』Porfirio et Constance(1992)、チャイコフスキーと当時のサンクト・ペテルブルグを描いた『名誉の法廷』Tribunal d'honneur(1996)などがあげられる。
 評論、旅行記もまた小説作品の生成と分かちがたくかかわっており、精神分析的に創造者の秘密を探ろうとする『パベーゼの挫折(ざせつ)L'chec de Pavese(1967)、『木、その根まで』L'Arbre jusqu'aux racines. Psychanalyse et Cration(1972)、『エイゼンシュタイン――木、その根までEisenstein : L'Arbre jusqu'aux racines, tome 2(1975)、イタリアの探求『母なる地中海』Mre Mditerrane(1965)、『恋する散歩者――ベネチアからシラクーザへ』Le Promeneur amoureux, de Venise Syracuse(1980)、さらにはバロックの旅『天使の饗宴(きょうえん)――バロックのヨーロッパ、ローマからプラハまで』Le Banquet des anges : l'Europe baroque de Rome Prague(1984)、『熱帯の黄金――バロックのポルトガルとブラジル』L'Or des tropiques, promenades dans le Portugal et le Brsil baroques(1993)、『サンクト・ペテルブルグの白魔術』La Magie blanche de Saint-Ptersbourg(1994)、あわせて同性愛文化の歴史『ガニュメデスの誘拐(ゆうかい)Le Rapt de Ganymde(1989)、『隠さぬ愛――芸術と同性愛』L'Amour qui ose dire son nom. Art et homosexualit(2002)などがある。ヌーボー・ロマン以降の文学界において重要な位置を占めている。[田部武光]
『岩崎力訳『木、その根まで――精神分析と創造』(1977・朝日出版社) ▽岩崎力訳『薔薇色の星』(1983・早川書房) ▽岩崎力訳『天使の手のなかで』(1985・早川書房) ▽岩崎力訳『天使の饗宴――バロックのヨーロッパ、ローマからプラハまで』(1988・筑摩書房) ▽榊原晃三訳『除け者の栄光』(1989・新潮社) ▽岩崎力訳『ガニュメデスの誘拐――同性愛文化の悲惨と栄光』(1992・ブロンズ新社) ▽三輪秀彦訳『ポルポリーノ』第2版(1995・早川書房) ▽大久保昭男訳『母なる地中海』(1999・河出書房新社) ▽田部武光訳『シニョール・ジョヴァンニ』(創元推理文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フェルナンデスの関連情報