フェルナンド(5世)(読み)ふぇるなんど(英語表記)Fernando V

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェルナンド(5世)
ふぇるなんど
Fernando V
(1452―1516)

通称カトリック王el Catlico。カスティーリャ王(在位1474~1504)。アラゴン王としては2世(在位1479~1516)。アラゴン王フアン2世の子。1469年カスティーリャ王エンリケ4世の妹イサベルと結婚。1474年エンリケ没後、女王となったイサベル(1世)とカスティーリャを共同統治し、王権強化を図った。1479年父王の死によりアラゴン王となり、スペインの統一を完成。しかし両王国間には関税関所があり、それぞれ独自の制度、通貨を維持していたため、統一は単に王冠の合併にしかすぎなかった。カスティーリャの内政はおおむねイサベルにゆだね、外交とアラゴンの内政を主として担当した。アラゴンの内政においては、第一に、長く争われてきたカタルーニャの農奴と領主との農民戦争(レメンサ農民解放戦争)に終止符を打ち、農業問題にいちおうの決着をつけた。第二に、バルセロナ都市内部の階級闘争に決着をつけた。これらによって平和が回復し、長く低迷していたカタルーニャ経済復活への状況が整った。政治面では、伝統的な地方諸特権を再確認し、議会の意向を尊重する立憲君主的政治体制をとった。この点、絶対王政への傾向を強めたカスティーリャと対照的である。
 彼の外交の基本は、中世以来のアラゴンの伝統的な地中海政策を推進し、地中海水域においてアラゴンの覇権を確立し、フランスを封じ込めることであった。このためイギリス、ドイツ、ポルトガルなどの王家と婚姻関係を結ぶ一方、各地に大使を常駐させ、反仏同盟を結成し、フランスを外交的に孤立させた。しかし必要なときには、外交より軍事を優先させた。グラナダ戦役で鍛えられたカスティーリャの歩兵を強化、再編成し、ヨーロッパ最強の軍隊に仕立て上げることによって、戦場でもフランスを打ち破った。巧みな外交と優勢な軍事力がもたらした具体的成果は、1493年に戦わずしてルシヨン、セルダーニャを、1504年にはナポリ王国をアラゴン王国に取り戻し、1512年ナバラ王国をカスティーリャ王国に併合したことである。彼は、優れた政治手腕により、ヨーロッパにおけるスペイン優位の基盤を固めた。[芝 修身]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android