コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルミディラック統計 フェルミディラックトウケイ

デジタル大辞泉の解説

フェルミディラック‐とうけい【フェルミディラック統計】

半整数のスピンをもつフェルミ粒子の集まりが示す統計的性質。1926年にイタリアのフェルミと英国のディラックがそれぞれ独立して発見。パウリの原理により、一つの状態に0個または1個の粒子しか占有できない。絶対零度ではエネルギーの低い順から粒子が埋まり、あるエネルギーを超えると粒子が存在せず、その上限をフェルミ準位とよぶ。フェルミ統計。→ボースアインシュタイン統計

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

フェルミディラック統計の関連キーワード量子液体

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android