コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォンデュ フォンデュ 〈フランス〉fondue

5件 の用語解説(フォンデュの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フォンデュ(〈フランス〉fondue)

スイス地方の鍋料理。白ワインで煮溶かしたチーズを、フォークに刺したパン切れにからませて食べるもの。チーズフォンデュ。
フランスのブルゴーニュ地方の鍋料理。フォークに刺した肉を油で揚げながら食べるもの。ミートフォンデュオイルフォンデュ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

フォンデュ

スイス名物のチーズ料理。土鍋(なべ)か銅鍋等にグリュエールチーズエメンタールチーズなどのチーズをとかし,卓上で熱しながら角切りパンを入れてからませて食べる。キルシュチェリーブランデー)がつきものとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フォンデュ【fondue】

スイス名物のチーズ料理。名称は〈溶けた〉という意味のフランス語で,なべにチーズを溶かし,パンにつけて食べる。地方によって材料その他に多少の変化もあるが,主材料のチーズは,脂肪分が多くて粘りや味の強いグリュエールチーズと,溶けやすく味のやや淡泊なエメンタールチーズを混ぜて使うことが多い。なべは,フォンデュ専用のものがあるが,土なべなど厚手のものであれば代用できる。専用のなべは銅,陶器,ホウロウ引き,耐熱ガラスなどの厚手のもので,やや口の狭まった形をしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フォンデュ【fondue】

スイス料理の一。チーズを白ワインとともに火にかけて溶かし、焼いたパン切れにからませて食べる鍋料理。チーズ-フォンデュー。
フランス、ブルゴーニュ地方の鍋料理。卓上で牛肉などを油で揚げながら食べる。フォンデュ-ブルギニョンヌ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォンデュ
ふぉんでゅ
fondueフランス語

溶かしたチーズと白ワインを主材料としたスイスの名物料理。フォンデュ用の調理セットフォンデュ鍋(なべ)、アルコールランプ付きの台、金串(かなぐし)など)もできていて、風雅な料理である。代表的な作り方を次にあげる。まずフォンデュ鍋の内側にニンニクの断面をこすりつけて香りをつける。グリュイエールチーズのおろしたものを鍋に入れ、白ワインを加え、アルコールランプ台にのせる。絶えずかき混ぜながら加熱してチーズを溶かし、とろりとしたクリーム状にする。キルシュワッサー、ナツメグ、こしょうなどで調味する。別にパンを3センチメートル角に切ってトーストし、別皿に用意する。フォンデュ用の串にパンを刺し、用意してある溶けたチーズを全面につけてからませ、熱いところを食べる。また、ブルゴーニュ地方独特のフォンデュ・ブルギニョン(ミートフォンデュ)は、牛肉を串に刺して油の鍋に差し込み、揚げながら食べる。このフォンデュは、好みのソースや薬味などを添えて味を楽しむ。[小林文子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフォンデュの言及

【西洋料理】より

…(5)スイス料理,ベネルックス諸国の料理 ドイツ系,フランス系,イタリア系などの住民からなる多民族国家スイスでは,これら3ヵ国の料理がそれぞれスイス風にアレンジされている。そのため,スイス独特の料理をさがすのは難しいが,ワインを加えて溶かしたチーズをパンにからませて食べるフォンデュや,ゆでたジャガイモに溶かしたチーズを添えたラクレットracletteのように,特産のチーズを生かした料理が多いのが特色といえる。ベルギー,オランダ,ルクセンブルクの料理には,隣接するフランスやドイツの影響が見られる。…

【チーズ】より

…【吉野 梅夫】
[料理]
 チーズはそのまま食べるだけでなく,各種料理の材料としても重要で,利用範囲はきわめて広い。スイスの名物料理フォンデュはおろしたチーズを白ブドウ酒で煮溶かし,パンの小片を浸して食べるもので,エメンタールとグリュエールを使う。グラタンにはおろしチーズが欠かせないが,スパゲッティ,マカロニなども熱いところへミートソースやトマトソースをかけ,その上へ山のようにパルメザンをかけて食べる。…

※「フォンデュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フォンデュの関連キーワードEmmenthaler cheeseグリュイエールチーズスイスチーズチーズフォンデュハードチーズクラフトスライスチーズなまりん雪印 スライスチーズエメンタールチーズピザチーズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォンデュの関連情報