コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォン・ド・ゴーム フォンドゴーム

百科事典マイペディアの解説

フォン・ド・ゴーム

フランスのドルドーニュ地方にある洞窟遺跡で,旧石器時代マドレーヌ文化期の壁画で有名。1901年発見され,ペイロニ,カピタン,ブルイユらによって調査された。全長約150mで,壁面の各所に赤・褐・黒色でバイソン,ウマ,シカ,マンモスなどが描かれ,他に線刻も見られる。
→関連項目洞窟美術ブルイユ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

フォン・ド・ゴームの関連キーワードアンリ・E.P. ブルイユレゼジー・ド・タヤックドゥニ ペイロニアルタミラ洞窟ベゼール渓谷洞窟絵画

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android