コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロムシ

百科事典マイペディアの解説

フクロムシ

蔓脚(まんきゃく)亜綱フクロムシ科の甲殻類の総称。袋状で,おもにカニなど十脚類の腹部寄生する。袋状の体内には内臓のみで,付属肢消化器官などはまったくない。フクロムシの寄生を受けた雄は交尾肢が消失し,抱卵肢が現れ,腹部の形が雌化するなどの変化をきたす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フクロムシ
ふくろむし / 袋虫

節足動物門甲殻綱根頭(こんとう)目Rhizocephalaに属する海産動物の総称で、フクロムシ科、イタフクロムシ科、ナガフクロムシ科、ツブフクロムシ科などからなる。ほとんどが十脚(じっきゃく)甲殻類の寄生虫であって、成体は単なる袋状であるが、幼生はノープリウス、キプリスを経るため、フジツボと同じ蔓脚(まんきゃく)亜綱に属する。自由生活の幼生期を終わって寄生生活に移ると、蔓脚類特有の体制を完全に失い、宿主の腹部から体内に根状突起を差し込んで栄養分を吸収する。殻板、付属肢、消化管などは完全に退化し、袋状の虫体主部はほとんど卵巣によって占められる。寄生を受けた宿主は死ぬことはないが、いわゆる寄生去勢の現象を示し、性的な機能を失ってしまう。
 日本近海では、ヨツハモガニやイッカクガニに寄生するケハダフクロムシSacculina pilosellaやイソガニ、ヒライソガニなどに寄生するウンモンフクロムシS. confragosaがごく普通で、ともに長径約1センチメートル、短径約5ミリメートルである。カニの腹部に抱かれた状態で収まり、肉眼的には滑らかであるが、拡大すると前種には短毛があり、後種には雲紋模様がある。イソカニダマシに寄生するイタフクロムシLernaeodiscus okadaiは扁平(へんぺい)、ホンヤドカリに寄生するナガフクロムシPeltogaster paguriは細長く、ともに宿主の体形に対する適応である。各種のカニやエビ、シャコなどにつくツブフクロムシThompsonia japonicaは一つの宿主に100以上も付着することがあり、これは一種の多胚(たはい)現象と考えられる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フクロムシの関連キーワードフクロムシ(囊虫)スゴカイイソメフクロムシ類寄生去勢スゴカイ外部寄生キプリス性転換顎脚類蔓脚類袋虫

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フクロムシの関連情報