コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクロモグラ フクロモグラ Notoryctes typhlops; marsupial mole

2件 の用語解説(フクロモグラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フクロモグラ
フクロモグラ
Notoryctes typhlops; marsupial mole

有袋目フクロモグラ科。体長 15~18cm。モグラに似た動物で,地中で生活している。眼は退化し,前肢は土を掘るのに適した形をしている。しかしモグラと異なり,第3,4指の爪が大きく,第1,2,5指の爪は著しく小さい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フクロモグラ
ふくろもぐら
marsupial molepouched mole
[学]Notoryctes typhlops

哺乳(ほにゅう)綱有袋目フクロモグラ科の動物。オーストラリアの南部・中央部に分布する。頭胴長15~18センチメートル、尾長2.1~2.6センチメートル、体重70グラム前後。外形は食虫目のモグラに似ている。吻(ふん)は堅い角質板で覆われ、目は退化し痕跡(こんせき)的。耳介はない。四肢は短く、前後足ともに5指である。雌には育児嚢(のう)があり、後方に開口し、中に乳頭が2個ある。毛は長く柔らかく、銀色に光る白色から黄色まで変化が多い。地上生で、半砂漠地帯および砂漠に単独で生活する。普通のモグラと同じように絶えず穴を掘って動いていて非常にエネルギーを使うので、昆虫、ミミズ、ジムシを大量に食べる。[中里竜二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フクロモグラの関連キーワード土竜袋猫袋土竜袋蟻食もぐら泥フクロミツスイ(袋蜜吸)フクロムササビフクロモグラ(袋土竜)フクロモモンガリングテール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone