コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フコース フコース fucose

3件 の用語解説(フコースの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フコース(fucose)

炭素数6のデオキシ糖の一種。天然にはD型とL型が動植物に広く存在する。名称は、L-フコースが海藻の粘り気の成分フコイダン中に発見されたことに由来する。化学式C6H12O5

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

フコース

 C6H12O5 (mw164.16).

 広く生物界に存在する糖.多糖の非還元末端にある場合が多い.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フコース
ふこーす
fucose

炭素数6のデオキシ糖の一種。デオキシ糖とは糖のヒドロキシ基(-OH)が水素(-H)に置換された化合物の総称である。フコースは6-デオキシガラクトース6-deoxygalactose、ガラクトメチロースgalactomethylose、ロデオースrhodeoseともいい、ガラクトースの6番目(アルデヒド基の炭素を1番目とする)の炭素についているヒドロキシ基が水素に置換された構造をもつ。組成式はC6H12O5。分子量は164.16。単糖にはカルボニル基(アルデヒド基およびケトン基)を上方に書いたとき、下から2番目の炭素のヒドロキシ基が右方についたD型と、左方についたL型とがある。一般に天然に存する糖の多くはD型であるが、天然のフコースにはD型とL型の両方がある。
 D-フコースはヒルガオ科植物の配糖体の糖として存在。アルコールから結晶化するとα(アルファ)型が得られる。融点は144℃。比旋光度[α] +127.0(7分)→+89.4°(31分)→+77.2°(71分)→+76.0°(最終値146分、c=10。cは旋光度を測定したときの濃度で、10g/100mlで測定したことを示す)(『メルクインデックス 13版』The Merck Index, 13th Edition)。甘味がある。
 L-フコースは海藻、ウニやカエルの卵に多糖類として存在。また、生体内における種々の糖タンパク質や糖脂質の糖鎖の、主として非還元末端基として広く生物界に分布している。糖タンパク質の糖鎖部分は免疫学的、血清学的に重要な役割を果たしている。遊離のL-フコースはコンブの多糖フコイジンを原料として精製される。無水アルコールから結晶化するとα型が得られる。融点は140℃。比旋光度[α] -124.1(10分)→-108.0°(20分)→-91.5°(36分)→-75.6°(最終値24時間、c=9)。[徳久幸子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフコースの言及

【単糖】より

…天然に見いだされる糖はほとんどすべてがD‐型のものである。ただし,フコースfucose(6‐デオキシガラクトース)はL‐型が天然のものである。 単糖は含まれる炭素原子の数によって,二炭糖(ジオース),三炭糖(トリオース),四炭糖(テトロース),五炭糖(ペントース),六炭糖(ヘキソース),七炭糖(ヘプトース)というように分けられる。…

※「フコース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フコースの関連キーワードデオキシコール酸デオキシリボースデオキシリボヌクレアーゼデオキシスデオキシス(アタックフォルム)デオキシス(スピードフォルム)デオキシス(ノーマルフォルム)ウルソデオキシコール酸ケノデオキシコール酸D-2-デオキシリボース

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フコースの関連情報