コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フジツボ

百科事典マイペディアの解説

フジツボ

蔓脚(まんきゃく)類フジツボ亜目に属する甲殻類の総称。体は堅い石灰質の殻におおわれ,円錐形。大きさは1〜5cmくらいのものが多い。つる状の胸脚を伸ばして水流を起こし,プランクトンを食べる。
→関連項目蛸壺

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フジツボ
ふじつぼ / 藤壺・富士壺
barnacleacorn shell

節足動物門甲殻綱完胸(かんきょう)目に属するフジツボ科とイワフジツボ科に属する海産動物の総称。蔓脚(まんきゃく)亜綱に分類され、すべて海産で、多くは岩礁やブイなどに多数集まって固着生活をする。一般に5~50ミリで、円錐(えんすい)形の石灰質の殻板で包まれているが、殻板は一枚ずつの峰板(ほうばん)と嘴板(しばん)、対(つい)をなした楯板(じゅんばん)と背板(はいばん)で、これらに各種の側板が加わる。体はこれらの殻板の内部に倒立した状態で収まっている。頭部(前体部)と六対の蔓脚をもつ胸部からなり、腹部を欠く。上部に開いた殻口から蔓脚を出して動かし、水中のプランクトンを集めて食べる。雌雄同体であるが、ほかの個体と交尾をする。岩に固着した状態は甲殻類とは思えないが、孵化(ふか)した幼生はノープリウスとよばれる甲殻類特有の幼生で、大きな三角形の甲をもち、左右の前側角が鋭くとがっている。ノープリウス幼生は、浮遊生活の間に一般に6回の脱皮を行ったあとに、二枚の殻に包まれたキプリスとよばれる幼生となる。キプリス幼生は第一触角で岩の上をはい回り、適当な場所で倒立したままの形で変態し、周囲に石灰分を分泌して小さなフジツボになる。
 フジツボ類は潮間帯の上部から低潮帯まで、種ごとに帯状分布を示す磯(いそ)の代表的動物で、本州中部の外洋性岩礁の高潮帯付近には小形のイワフジツボChthamalus challengeriやその近縁種、中潮帯には大形で灰黒色のクロフジツボTetraclita squamosa japonicaなど、低潮帯以下には大形で淡赤色のオオアカフジツボBalanus volcanoなどがみられる。内湾の河口付近には白色の縦肋(じゅうろく)が強いシロスジフジツボB. albicostatusが多く、またサラサフジツボB. tesselatusやアカフジツボB. rosaなどは船底に多数着生し、汚損生物として嫌われる。船底について分布が拡大されることがあり、日本には近年アメリカフジツボB. eburneusとヨーロッパフジツボB. improvisusが侵入した。動物の体表に着生するフジツボには、ウミガメにつくカメフジツボChelonibia testudinaria、クジラの体表になかば埋もれて着生するオニフジツボCoronula diadema、ガザミの甲に着生するガザミフジツボC. patulaなどがある。現生種は約200種である。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フジツボの関連キーワードチシマフジツボ(千島藤壺)コツブムシ(小粒虫)ダイダイイソカイメン有機スズ(錫)化合物アリストテレスの提灯ヨーロッパフジツボシロスジフジツボタテジマフジツボ鯛島海域公園地区クロダイ(黒鯛)サラサフジツボ富士壺・富士壷カメフジツボウマヅラハギアカフジツボクロフジツボイワフジツボ内海富士夫フジツボ類タナイス類

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フジツボの関連情報